朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局
昨年の国公立の大学特集

京都大学 好奇心が開いた国際的研究者への扉 「今までの研究を本にまとめたい」と西谷祐子教授。研究室近くからシンボルの時計台が見える 京都大学 好奇心が開いた国際的研究者への扉

「今までの研究を本にまとめたい」と西谷祐子教授。研究室近くからシンボルの時計台が見える

Academic Freedom × Kyoto University

挑戦の場は海外 女性研究者の選択

1897年の創立以来、「自由の学風」が息づく京都大学。その原点は、創設に深く関わった当時の文部大臣・西園寺公望の自由思想にあるという。西園寺は20代の時、自身の強い希望で、自由の機運に満ちたフランスへ留学していた。

一世紀を経て、西園寺と同じく、若くして挑戦の場を海外に求めた女性がいる。大学院法学研究科の西谷祐子教授だ。

専門は、国境を越えた個人間の問題を解決する国際私法。1994年、同大大学院の修士課程を修了後に休学し、ドイツ最古の大学、ハイデルベルク大学での博士号取得を目指した。24歳だった。西谷教授は言う。

「若いうちから留学したほうが語学も早く身につき、将来にわたって外国人研究者とも対等に議論できるようになるのではないかと考えたのです」

19世紀の法学者マンチーニの理論を論じた博士論文は、ハイデルベルク大学の権威ある「ゼーリック賞」を受けた。その後、27歳で東北大学助教授に就き、教職の傍ら、イタリア、アメリカ、オランダへ留学。2007年からは、パリ第二大学、ドイツ・マックスプランク研究所で研究に没頭した。在外研究は5カ国、足かけ9年に及ぶ。その原動力は、「各国の法制度や、歴史的な背景をもっと知りたいという純粋な好奇心」だったという。

もともと弁護士を目指していた西谷教授。「おおらかな雰囲気が漂うキャンパスに憧れて」京都大学法学部に進学した。法曹ではなく、研究者の道を選んだのは、2年生の時だ。

人生を決めた国際私法との出会い

緑がまぶしい吉田キャンパスの中庭

「幼い頃に父親の仕事でドイツに住んだ経験から、国際的な仕事に興味があり、大学で国際私法の授業を受けた時に『これだ』と思いました。既にある法律を動かす仕事に就くよりも、世界と比較しながら日本の法律を客観的に見つめ、改善点を提言したりする研究者になるほうが面白いのではと思ったのです」

グローバル化が進む今、国境を越えた人の動きは飛躍的に増えた。それに伴う法律問題を扱うのが、国際私法だ。

例えば国際結婚。イタリア人と日本人が結婚する場合、どちらの国の法律が適用されるかは、国際私法によって決められる。

「婚姻届けを役所に出す日本と異なり、教会の影響力が強いイタリアでは、挙式をすると夫婦と認められます。国際私法では、このように法と法がぶつかり合うときに、どの国のルールを適用するかを見ていきます。国境を越えた離婚に伴う子の親権争いや、相続のトラブルが起きたとき、国際私法が解決に役立ちます」

西谷教授の研究室には、英語、ドイツ語、フランス語のカラフルな外国語文献がずらりと並ぶ。世界の法制度の変化は早く、知識のアップデートが日々欠かせない。

「世界では今、同性婚の増加に加えて、代理出産(代理母)を認める動きが広がっています。生まれた子と、依頼者である親との親子関係が認められず、子どもの法的な立場が保護されない深刻な状況が生まれているためです」

独創的な学生を育む伝統の自由の学風

大学の授業風景。国連職員を志す学生もいる

ゼミでは、病気で子宮を失ったタレントの向井亜紀さんが、アメリカで代理出産を依頼した事例を取り上げた。学生たちは、親子関係の成立を認めなかった2007年の最高裁決定をめぐり、白熱した議論を重ね、それぞれの見解を発表した。

「私も読んだことのない向井さんの事例についての論文や、タイやインドの代理出産の例まで調べてくる学生もいて、とても驚かされました。京大は型に縛られずに、主体的に考え、学び、行動する学生が多いと感じています」

西谷教授は、代理母や子の権利を守る国際機関「ハーグ国際私法会議」のプロジェクトメンバーでもある。国際的な研究者になる夢を叶えられたのは、「京大がやりたいことを後押ししてくれる環境だったから」と、これまでの道のりを振り返る。自由の学風が伝統のキャンパスで、世界に貢献する独創的な力は育っていく。

「のびのびした京大に来て、アンテナを張って、ぜひやりたいことを見つけてください」

Vice President’s Voice 副学長の声

自分だけの「おもろい」が研究の原点

北野正雄 副学長

京都大学の特徴は、研究型大学であること。研究所・センターの数は全国の大学で最多、学部卒業生の約6割が大学院に進みます。研究を進める上でなにより大切なのがオリジナリティー。既に誰かが手をつけているテーマに取り組んでも、ノーベル賞に手が届くことはありません。今は誰も注目していなくとも、自分が「おもろい」と感じた対象に全力で取り組むことが求められます。

ユニークな研究と出合うために必要な、多様性に富んだ環境が京都大学にはあります。さまざまな人が自分の考えをぶつけ合い、違いを認め、刺激を受けるなかで、自分の関心領域が定まっていきます。

より多様な環境を作るために、海外からの留学生を受け入れる仕組みも整えてきました。留学生と一緒に英語で授業を受けるプログラムや、4年間英語による授業のみで学位を取得するコースに加え、10月からは「KYOTO iUP(アイアップ)」がスタートします。これは海外の高校の卒業生が、半年間の日本語教育を受けた後、来年4月から学部新入生として日本人学生とともに学ぶプログラムです。

身近に世界中から来た同年代の若者がいる。そんな環境での学びは、多様な考え方を受け入れる力やコミュニケーション力を育み、将来のグローバルリーダー養成につながるでしょう。

研究の面白さを、高校生に伝える高大連携の取り組みにも注目してください。高校生向けの最先端科学の体験講座「ELCAS(エルキャス)」は、大学と同レベルの講義と研究を半年かけて行い、最後は参加した高校生に成果発表までしてもらいます。

大学入学がゴールなのではなく、合格後に新しい人生が始まります。学問を究める過程で身につく「考える力」は、長い人生を生き抜くための基盤となります。仲間とともに悩み、喜びを分かち合いながら、自分なりの「おもろい」を突き詰めていく。二度とない貴重な時間を、ぜひ京都大学で過ごしてください。

Student’s Voice

京大の資源を活用し、生命科学の研究者を目指す

薬学部2年生 吉本昂希(こうき)さん

生命科学の研究者になりたい。そんな夢を抱いて京大に入学しました。京大は1年生からさまざまな研究室に出入りできるのが魅力。今は、物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)の亀井謙一郎先生のもとへ週4日通い、「Body on a Chip」の研究に携わっています。小さなチップ上で生命体の現象を再現するというもので、コストや時間のかかる動物実験に替わる創薬の方法として期待されています。

夏休みには、所属する分子生物学の研究サークルで、松枯れを予防する薬剤開発に取り組みます。研究資金は、学内クラウドファンディング「SPEC」に応募し、寄付を募る予定。京大には自由な研究を支える制度が多くあるのがうれしいです。

特色入試の合格1期生 身近な経験をアピール

教育学部2年生 唐澤和(のどか)さん

昨年度に始まった、学力試験だけでは測れない能力や学ぶ意欲を評価する「特色入試」の合格1期生です。

私は、人の価値観や学歴が、親や周囲の環境によって左右されることに違和感を覚え、教育社会学を学びたいと考えていました。入学後の研究計画を書く「学びの設計書」には、「親の年収と子の学力の相関」「平等な教育の実現可能性」などについてまとめ、さらに、自分の「特色」である「身近な物事を客観的に考察する力」を、高校のクラス演劇や地元の阿波踊りなど頑張ってきた経験と絡めてアピールしました。

京大は個性的な人が多く、お互いを認め合う校風。自分の「特色」を生かして、学びを深めるのに最適な環境だと思います。

関連書籍のご案内

国公立大学 by AERA 2018
好評発売中!

研究、教育、キャンパスライフまで、
国公立大学の“今”を特集しています。
受験生必読の一冊です!

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事