朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局
昨年の国公立の大学特集

大阪教育大学 次世代の教育者を生む「学びの架け橋」 夕陽丘高校校長の熱烈なラブコールで箱﨑雄子准教授(写真右)の出前授業が実現した 大阪教育大学 次世代の教育者を生む「学びの架け橋」

夕陽丘高校校長の熱烈なラブコールで箱﨑雄子准教授(写真右)の出前授業が実現した

ダミーキャプション

人にまっすぐ。 ×  Osaka Kyoiku University

英語の楽しさ伝える准教授の出前授業

「Let me go over today’s agenda The first topic is PPAP!」

今年6月中旬、大阪市天王寺区にある府立夕陽丘高校のヴィオーラホール。大阪教育大学・箱﨑雄子准教授による英語の講義が始まった。

ジャズボーカリストの経験がある箱﨑准教授。開始早々、世界的にヒットしたピコ太郎の曲「PPAP」の歌詞を音読すると、聴いていた高校1年生320人は一気に引き込まれた。

これは「発音の基礎 これだけで英語らしく聞こえる」と題した同大の出前授業での一コマ。39の府立高校と連携する「府立高校教職コンソーシアム」事業の一環だ。

歌ったり、手拍子を打ったり。箱﨑准教授は、英語のフレーズを音楽に乗せた学習法「チャンツ」を使いながら、文中のどの語を強く読むかを示す「文強勢」の原則や、リズムの大切さを説いていく。

「平坦な日本語と違って、英語はアクセントの強弱が規則的に繰り返されているのがわかるかな?」

「ピコ太郎の曲は、『裏拍』を上手に使って、英語らしいリズムになっています。これが世界ではやった理由だと思う」

英語音声学の専門的内容にもかかわらず、快活な語り口で、生徒たちの理解を深めていく。45分の講義が終わると、みな、「楽しく学べた」と口々に話した。「高校生でも飽きないように工夫しました。文強勢やリズムを学ぶことは、スピーキング力だけでなくリスニング力の向上にもつながります」と、箱﨑准教授は言う。講義の後、夕陽丘高校の教員たちの間では、「これから英語の授業の冒頭で、1分間の音読を取り入れたらどうか」などの意見が交わされた。

教員志望の高校生 夢膨らませる交流

大阪府教育長を4年務めた経歴を持つ中西正人理事

大阪府教育長を4年務めた経歴を持つ中西正人理事

「府立高校教職コンソーシアム」は、将来の優れた教員を育てるために、大阪教育大学が旗を振り、2014年に発足した。同大は、戦前から教員養成において高い評価を得てきた歴史を持つ。前述の出前授業のほかに、キャンパス体験ツアーや、作文コンクールなど、加盟校とさまざまな交流プログラムを展開している。

「これまで高校教育と大学の学びには距離があり、とくに教員志望の高校生は、大学との接点がほとんどありませんでした。交流プログラムを通して、『教員になること』を具体的にイメージしてもらえれば」と、構想から深く関わった同大の中西正人理事は話す。

最も力を注ぐのが、教員を志す高校生向けの育成プログラム「教師にまっすぐ」だ。4カ月間にわたって、参加生徒約60人に、大学の模擬授業や、「理想の先生像」についてのグループワークを実施。教育をテーマにした研究発表会も高校生自身が行う。中西理事によると、「昨年のプログラムに参加した高校生の約8割が、『教師になりたい気持ちが強くなった』と答えてくれました」

また、交流プログラムを支える現役学生たちの存在も大きい。コンソーシアム加盟高校から同大に進んだ約100人が「大教大キューピッド」を結成。母校を訪問して大学生活を紹介したり、オープンキャンパスに後輩を招き案内したりする。「大学生と触れ合えてうれしかった」といった高校生の感想が多く寄せられているという。

高校教員も交流プログラムを歓迎する。天王寺キャンパスでは、定期的に、若手教員向けに生徒指導や授業力向上をテーマにした教師塾を開いている。

未来を担う人材 今こそ育成

出前授業に積極的に参加する高校生たち

出前授業に積極的に参加する高校生たち

約100人の学生からなる「大教大キューピッド」

約100人の学生からなる「大教大キューピッド」

教員志望の高校生を、大学で立派に育てて、高校の教育現場へ送り返す――。大阪教育大学を中心に生まれるこの循環を、中西理事は「学びの架け橋」と呼ぶ。

「少子化や教員の長時間労働の問題などで、教員志望者が減っている今こそ、我々は次世代の教育を担う人材を育てなくてはなりません。高校生のみなさんには、自分の生き方が次の時代を作っていくという気概を持ってほしい。架け橋を強靭にしていくのは、高校生のみなさんの力なのです」

President’s Voice 学長の声

実践力を育てる学校現場の要請に応える組織改革

栗林 澄夫 学長

栗林 澄夫 学長

大阪教育大学の歩みは、1874年設立の教員伝習所に始まります。以来、140年にわたり、教員養成を中心とした教育によって、教育界や社会に貢献する人材が数多く輩出しました。

メインキャンパスは、自然豊かな大阪府柏原市の金剛生駒紀泉国定公園内にあり、その面積は、66万平方メートルと広大。西日本最大級の教員養成大学として、充実した教育体制を整えています

本学は、長い歴史のなかで教育現場のニーズに応えようと、時代に即した変革を重ねてきました。今の学校現場は、教員の多忙化、業務の複雑化が顕著です。そこで今年4月、このような現状に立ち向かう実践力のある人材を養成しようと、教育学部の組織改革を行いました。

教員免許取得を卒業要件とする「教員養成課程」は、「初等教育教員養成課程」「学校教育教員養成課程」「養護教諭養成課程」に再編し、教科別に分かれていた専攻コースを、学校種別にまとめました。幼稚園と小学校、小学校と中学校、中学校と高校と、学校種間の接続における問題への対応力を育てるのが、大きな目的です。

また、本学には、「教員養成課程」のほかに、人間科学や芸術、スポーツなどのリベラル教育を行う「教養学科」がありました。同学科は、従来の8専攻を「教育心理科学」「健康安全科学」「理数情報」「グローバル教育」「芸術表現」「スポーツ科学」の6専攻に集約し、「教育協働学科」に生まれ変わりました。この新しい学科では、教員と多様な専門性を持つ職員が、学校内で一つのチームとして連携する、いわゆる「チーム学校」の中心となる人材の育成を目指します。

大阪教育大学は、教育界の未来を担う優れた人材を育てる使命があります。本学で学び、成長し、最高の人生への一歩を踏み出しませんか。教育的課題に果敢に取り組む大学教員や、ともに励まし合う仲間たちが待っています。

Student’s Voice

礼節重んじるバスケ部で活躍 プロの世界にも挑戦

大学院教育学研究科 英語教育専攻1年生 山本 絢子さん

教育学部教養学科 芸術専攻4年生 土屋 時生さん

1年生からバスケットボール部に所属し、昨年には、プロバスケBリーグの西宮ストークスに特別指定選手として入団。学生生活とプロ活動を両立してきました。Bリーグがオフの今は、プロの世界で得たものをバスケ部に還元するべく、柏原キャンパスの体育館で週5日、練習に励んでいます。大教大バスケ部は、選手の多くが教員志望であるためか、「礼儀や挨拶を重んじるきちんとしたチーム」と評判です。大事な大会では、審判を補佐し、点数や試合時間を管理するテーブルオフィシャルズを務めることもあります。また、教育実習を終えた選手の後輩への指導が、格段に上手になっていると感じることも。歴代の先輩が培ってきた大教大らしさを、今後も受け継いでいきたいです。

夢を広げたフィンランド留学 幼小中高の教員免許を目指す

教育学部教養学科 芸術専攻4年生 土屋 時生さん

大学院教育学研究科 英語教育専攻1年生 山本 絢子さん

幼稚園教諭に憧れ、幼児教育で有名な大教大教育学部へ進学。学部生のうちに幼小の教員免許を取り、今は大学院で、中高の英語の教員資格を目指しています。進路を変えたきっかけは、3年生の時に挑戦したフィンランド留学。英語が好きだったこともあり、国の奨学金制度「トビタテ!留学JAPAN」に応募し、大教大初の合格者として、提携するオーボ・アカデミー大学で1年間、幼児教育を学びました。海外で刺激を受け、多くの友人を得た経験から、将来の選択肢を広げてくれる英語を中高生に教えたいと考えるようになったのです。大教大は大学院でも教員免許が取れたり、海外の提携校が多かったり、学内制度が充実しています。学生をやりたい夢へ導いてくれる大学です。

関連書籍のご案内

国公立大学 by AERA 2018
好評発売中!

研究、教育、キャンパスライフまで、
国公立大学の“今”を特集しています。
受験生必読の一冊です!

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事