朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局
昨年の国公立の大学特集

東京大学 新入生を鍛える実践的英語プログラム ALESS のグループアクティビティーでは英語での活発な議論が行われる 東京大学 新入生を鍛える実践的英語プログラム

ALESS のグループアクティビティーでは英語での活発な議論が行われる

Active Learning × The University of Tokyo

アクティブな英語能力を高める

東京大学に入学すると、全学生が駒場キャンパスにある教養学部に所属し、2年間にわたって幅広い教養や知識を身につける教育を受ける。そのなかでも、英語の発信力を養うために1年生の必修科目として行われているのが、東大独自の学術英語ライティングプログラム「ALESS/ALESA」(アレス/アレサ)とスピーキングプログラム「FLOW」(フロー)だ。

これらの授業はすべて、英語で行われる。いずれも1クラス15人程度の少人数制で、教員と密接に議論できる態勢にある。指導を担当するのは、さまざまな国出身の教員約30人。ほぼ全員が博士号を持つ研究者でもある。各プログラムを開発、運営する東京大学教養学部附属グローバルコミュニケーション研究センターのセンター長、トム・ガリー教授は、次のように紹介する。

「現代のグローバル社会においては、『書く・話す』という能動的(アクティブ)な英語能力を養うことは極めて重要です。英語力だけでなく、考える力、論理的に表現する力をも高めるプログラムとなっています」

英語で論文の執筆とプレゼンを行う

ICT 支援型協調学習教室 KALS

2008年、理系1年生を対象に英語の科学論文の書き方を学ぶ「ALESS(Active Learning of English for Science Students)」を必修科目として開始。そこで学生たちは自ら科学実験をデザインし、その結果を論文としてまとめ、英語でのプレゼンテーションも行う。

このALESSのメソッドを活用し、13年にスタートした「ALESA(Active Learning of English for Students of the Arts)」は、文系1年生の必修科目だ。こちらは学生が自らテーマを設定して調査・検討し、英語の論文を執筆。プレゼンテーションや討論を行い、社会に出ても通用する英語力を養う。

今年6月下旬、ALESSのクラス。科学論文冒頭のタイトル、アブストラクト(要約、要旨)がいかに重要であるかなど、執筆する際のポイントや作法を学ぶ講義が行われた。

「タイトルは10~12語程度の短さが求められ、アブストラクトには、その科学論文で最も大きなインパクトをもつ言葉をキーワードとして盛り込まなくてはいけません」

クリストファー・マキュワン特任講師が注意点を説く。その後、「レム睡眠の減少と肥満の関係性」をマウス実験で検証した論文のアブストラクトを各学生に手渡す。

「これを読んでタイトルを推測してください。まずキーワードと思われる単語を丸で囲みましょう」と呼びかけると、学生たちは作業に入った。

学生からは論文の内容についての質問も飛び出す。こうしたやりとりも挟みながら、1コマ105分の授業は進む。

理科Ⅱ類1年の鹿野友美さんは、「英語オンリーの授業を経験したのはALESSが初めてで、最初は戸惑いました。専用の実験室『ALESS Lab』を備えており、やりたい実験をすぐにできる環境があるのも、この授業の画期的な点だと思います」と語る。

多角的なアクティブ・ラーニングは、施設にも表れる。「駒場アクティブラーニングスタジオ(KALS)」は、最新のIT環境を備えるだけでなく、ディスカッション、グループワーク、製作活動など、幅広い学びに対応できるよう、教室のレイアウトが自由に変えられるようになっている。

研究の場や社会で必要な会話力を養成

東大駒場キャンパス1号館

理系・文系共通のプログラム「FLOW(Fluencyーoriented Workshop)」では、さまざまなテーマを議論・討論し、研究の場や社会で必要となるスピーキング力と批判的精神を養成する。

「毎週、刺激を受けています」

と楽しそうに話すのは、理科Ⅰ類1年の濱祐輝さん。バイオマテリアル分野の研究職を目指す理科Ⅱ類1年の江目(ごうのめ)皓祐さんは、「将来、英語で議論することはとても重要になると感じています。FLOWでは簡単な単語でもいいから、英語で自分の意見を伝えることが一番大事だと教わりました」と語る。

徹底したアクティブ・ラーニング型の英語の取り組みを積極的かつ効果的に運営できるのは、同じく必修科目「教養英語」が培う知的な英文を読み解く英語力がベースにあるからだろう。教養としての英語に今も重点を置いている東京大学の伝統が、革新的な英語教育に挑める土壌となっている。

President’s Voice 総長の声

答えのない未来に 果敢に挑戦できる人材を育てる

五神真 総長

今、かつてないスピードで社会が動いています。このような世界を生き抜くためには、簡単には答えが見つからない課題や、正解の存在しない課題にも果敢に挑戦し続けなければなりません。

東京大学はこのミッションを託すことのできる人材、つまり人類社会への貢献を目指して主体的に行動し、新たな価値創造と課題解決に挑む人材を育てていきます。

意欲ある、さまざまな可能性を秘めた学生が東京大学には多く在籍しています。やる気に満ちた彼らの可能性を最大限に引き出すための仕組みを、私たちは用意しています。

例えば、1年生の必修授業である初年次ゼミナールはその一つです。さまざまな分野の第一線で活躍する教員が、最先端の研究や大学での学びを自らの言葉で語るのを聞き、ともに議論することは、若い皆さんの知的好奇心を呼び起こし、大きな刺激になるに違いありません。

大学での学びには高校までとは違って、より自由で主体的な関わりが求められます。知識の量を増やすだけでなく、柔軟な発想によって知識を使いこなす力が必要となります。また、大学は知的コミュニケーションの場でもあり、多様な「個」であることが高く評価され、他者との違いが歓迎されます。

大学生活では、多くの友達と議論し、勉強や研究に没頭し、真理を追究すべく深く考察する時間を持ってください。そこには、思いもよらなかった出会い、予想もしない出来事、多くの驚きがあるでしょう。

2017年4月に創設140周年を迎えた東京大学は、世界的に卓越した研究成果を生み出し、多くの優秀な人材を世に送り出してきました。こうした長い歴史の中で形成された、知的環境に囲まれて過ごす学生生活を満喫し、学ぶこと、創り出すことの面白さをぜひ味わってください。

Campus Topics

1. ティーチングからラーニングへ転換する学習プログラム初年次ゼミナール

初年次ゼミナールで課題に励む学生たち

初年次ゼミナールは、『「教え授ける(ティーチング)」から「自ら学ばせる(ラーニング)」への転換』を目指した教育プログラム。入学して最初の学期に開講される、文系・理系全学生の必修科目だ。

初歩的な課題に取り組みながら、基礎的な学術スキルを身につけ、高校までの受動的な学習からの転換を目的にしている。学習成果はプレゼンテーションや小論文として発表し、ディスカッションも重視する。学生の積極的な参加を促すため1クラス20人程度の少人数制となっており、教員と学生の距離が近い。授業外でも、大学院生のTA(ティーチングアシスタント)の学習サポートを受けられる。

2. 英語+αの外国語運用能力を習得するトライリンガル・プログラム

TLP の海外語学研修の様子(ドイツ)

「グローバルリーダー育成プログラム」の一環として、2013年に教養学部で発足したのが「トライリンガル・プログラム(TLP)。グローバル社会において高度な英語力は必須だが、TLPはそれに加えてもう一つの外国語の高い運用能力を集中的に習得するための教育プログラムで、入学時に高い英語力を持つ学生のなかから、希望者を対象に行われる。

履修期間は前期課程在学中の1年半で、修了要件を満たした履修生には、修了証が授与される。

ドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語を開設しており、来年度からは韓国朝鮮語が加わる。将来、さらに言語の種類を増やすことを予定している。

関連書籍のご案内

国公立大学 by AERA 2018
好評発売中!

研究、教育、キャンパスライフまで、
国公立大学の“今”を特集しています。
受験生必読の一冊です!

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中

特集記事