朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局
2017年の国公立の大学特集
2016年の国公立の大学特集

金沢大学 独自の改革を展開し 全学をグローバル化 緑豊かな角間キャンパスの風景 金沢大学 独自の改革を展開し 全学をグローバル化

緑豊かな角間キャンパスの風景

緑豊かな角間キャンパスの風景

Cultivating the global leadership × Kanazawa University

文系、理系に関わらず"食べず嫌い"を防ぐ

山崎光悦学長は金沢大学大学院工学研究科修士課程を修了。2014年から現職。今年度は新入生全員に、大学で学ぶことの意義を講義した

山崎光悦学長は金沢大学大学院工学研究科修士課程を修了。2014年から現職。今年度は新入生全員に、大学で学ぶことの意義を講義した

金沢大学は"地域と世界に開かれた教育重視の研究大学"として、多岐にわたる改革に力を注ぐ。

その取り組みは10年前に始まる。2008年度に、より幅広く柔軟な学びをめざして学部学科制から学域学類制に移行し、「人間社会学域」「理工学域」「医薬保健学域」の3学域16学類となった。18年度には、社会のニーズに応えるため、理工学域の学類再編により17学類となったほか、人間社会学域もコース再編・新設を行うなど、時代の流れに対応した学びを提供している。

さらに、改革の核となる人材育成の指針として、「金沢大学〈グローバル〉スタンダード(KUGS)」を掲げた。「自己の立ち位置を知る」「自己を知り、自己を鍛える」「考え・価値観を表現する」「世界とつながる」「未来の課題に取り組む」の五つの基準で、これからの社会で中心的役割を担うために身につけるべき能力を示している。その各基準に六つの授業科目(GS科目)をひも付け、学生には文理を問わず、基準ごとに3科目以上の履修を求めている。その狙いについて、改革の旗振り役となる山崎光悦学長はこう語る。

「簡単に言えば、"食べず嫌い"を防ぐためです。得てして人は好きなものばかりを選択してしまいます。教養科目であっても、理系の学生は理系、文系の学生は文系の科目を履修する傾向にあります。しかし、大学を巣立った先に、専門分野の知識・技術だけで乗り越えられる世界はありません。グローバル社会のリーダーとなるには、専門性を極めつつ、多種多様にバランスよく学ぶ必要があるのです」

英語による授業を学士課程で50%以上に

少人数制の授業を通して英語力を高める

少人数制の授業を通して英語力を高める

国際社会に貢献する「金沢大学ブランド」の人材育成に挑む上で、英語力の向上にも注力する。14年度には、徹底した国際化と改革を断行する大学を重点的に支援する、文部科学省の「スーパーグローバル大学創成支援事業」にも採択された。

「23年度までに達成する目標値を設定しています。一例を挙げると、英語による授業を学士課程で50%、大学院課程で100%とし、外国人教員や海外での学位取得・教育研究歴を持つ教員の比率も50%に高めます」

現状では、英語による授業は学士課程で10%、大学院課程で34%と、目標までの道のりは長い。それでも、山崎学長はこれらの目標を「画餅で終わらせるつもりは毛頭ない」と、実現への一手を次々と打っている。

例えば、質の高い英語教育で知られる米ボストンのタフツ大学と連携し、スーパーグローバルELPセンターを開設した。ELPは「English Language Programs」の略称で、タフツ大学講師が常駐し、学生、教員、職員それぞれを対象とした少人数制の英語プログラムを実施する。

さらに、海外留学に関するサポート体制も充実させている。海外の大学では主流のクォーター制(4学期制)を導入し、学生が留学しやすい環境を整備。さらに独自の留学プログラムや奨学金も用意し、学生の背中を押している。

「徐々に目に見える効果が上がっています。今後も果敢な挑戦で、目標達成に向けた取り組みを一層加速していきます」

高大接続を意識した入試制度改革に着手

改革は、大学への入り口となる入試制度にも表れている。18年度の入試では「文系後期一括・理系後期一括」入試を導入した。従来の入試は学類ごとに選抜していたが、一括入試では文字通り、文系や理系といったより大きな枠組みで入学生を募集する。

「入学後1年かけて幅広く学んだ上で、自身の専門分野を選択してもらうのが目的です。今は後期日程だけですが、ゆくゆくは一括入試を拡大していきたいと考えています」

高大接続に重点を置く入試制度改革も見据える。20年度からは高校生を対象に、特別セミナーや実習などを体系化したプログラムを通じ、時間をかけて生徒の能力を見極める特別入試を予定している。このプログラムでは、グループワークや英語の講義なども実施し、グローバル社会のリーダーとなる素養も探る。また、高校生向け文学賞や数学コンテストを大学独自で行い、その優秀者に対して入学をフォローアップする仕組みも構想中だ。

「大きな志を持つ人たちに、入学してきてほしい。希望にあふれる学生をサポートするため、金沢大学は、徹底的かつ抜本的な挑戦を続けていきます」

Campus Topics

1 世界から学生が集まる学都・金沢大学にいながらプチ留学体験

加賀百万石の城下町は学生の街でもある

加賀百万石の城下町は学生の街でもある

石川県は人口当たりの高等教育機関数が全国第2位であり、金沢は多くの学生でにぎわう学生の街である。学都・金沢で150年以上の歴史を刻む金沢大には、国内各地はもちろん、海外からも多くの学生が集まってくる。大学間国際交流協定を結ぶ世界40カ国1地域の181機関を中心に外国人留学生は年々増加しており、2018年5月現在、632人の外国人留学生が学んでいる。

気軽な触れ合いを通して互いの理解を深める国際交流スタジオ

気軽な触れ合いを通して互いの理解を深める国際交流スタジオ

学生留学生宿舎の「先魁(さきがけ)」「北溟(ほくめい)」も特徴的だ。留学生と日本人学生がともに1ユニット(男女別)で暮らすシェアハウス型。日本人学生の入居条件は、先魁ではレジデントアドバイザー(RA)として留学生の生活を支援できること、北溟では在学中に海外留学などを計画していることだ。二つの学生留学生宿舎に代表されるように、金沢大では、キャンパス内にいながらあらゆる国の学生が交流を深められる環境が整っている。

2 異分野融合型研究を推進し、その成果を教育にも展開

2017年、金沢大は文部科学省「世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI)」に採択され、ナノ生命科学研究所を設立した。同研究所のもとになったのは、同大に優位性のある研究領域を核とした世界的な研究拠点の形成をめざす「超然プロジェクト」。そこで培った研究成果やネットワークを基盤としている。最先端の走査型プローブ顕微鏡技術を中心に、ナノ計測学、生命科学、超分子化学、数理計算科学の四つの研究分野にわたる異分野融合型研究を推進。細胞の表層や内部で起こる、これまで誰も観たことのない生命現象を直接観ることにより、生命科学分野に飛躍的な進展をもたらすとともに、新たな学問領域「ナノプローブ生命科学」の創成をめざす。

生命科学、理工学、人文科学など多岐にわたる講義や体験を通し、分野融合によるイノベーション人材の育成をめざす

生命科学、理工学、人文科学など多岐にわたる講義や体験を通し、分野融合によるイノベーション人材の育成をめざす

また、異分野を融合させた研究のこれまでの取り組みを教育にも還元するため、北陸先端科学技術大学院大学(石川県能美市)と共同大学院構想を立ち上げ、18年4月に大学院新学術創成研究科融合科学共同専攻を創設。「科学技術イノベーション」人材の養成のため、融合科学、社会実装に挑む独自のカリキュラムを展開している。

3 独自の奨学金などでサポート 在学中に一度は海外へ

グローバル人材の育成に向け、2016年4月からクォーター制(4学期制)を導入した。学生が留学しやすい環境を整え、在学中に一度は海外で学ぶことを奨励している。

ロシア文化交流プログラムの様子。カザン連邦大学において、ロシア文化を学ぶとともに、現地の学生と交流を深めた

ロシア文化交流プログラムの様子。カザン連邦大学において、ロシア文化を学ぶとともに、現地の学生と交流を深めた

海外初心者向けの異文化体験・交流を目的とした1~2週間程度の「ファーストステッププログラム」や、学術交流協定を結ぶ大学への「派遣留学」など、多彩なプログラムを用意。また、派遣留学者を対象とした独自の「スタディアブロード奨学金」、学生の海外インターンシップなどで利用する「海外リエゾンオフィス」など、サポート体制も充実している。

関連書籍のご案内

国公立大学 by AERA 2019
好評発売中!

全国13の国立・公立大学を徹底取材。
大学の枠を超えたグローバルな研究や、さまざまな現場での教育、学生たちの素顔など、
それぞれの大学の魅力をオールカラーで紹介しています。

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中