朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局
2017年の国公立の大学特集
2016年の国公立の大学特集

九州大学 学びの枠を超えた 新しい教育がスタート 2018年秋に移転が完了する伊都キャンパス 九州大学 学びの枠を超えた 新しい教育がスタート

2018年秋に移転が完了する伊都キャンパス

2018年秋に移転が完了する伊都キャンパス

Create together × Kyushu University

キャンパスの移転は今秋に完了

1991年から検討を進めてきたキャンパスの統合移転計画が大詰めを迎えている。

九州大学は、2018年秋までに箱崎地区(福岡市東区)、六本松地区(同市中央区)、原町地区(福岡県粕屋町)の3カ所のキャンパスを新キャンパス「伊都キャンパス」(福岡市西区)に統合移転する。伊都キャンパスの面積は272ヘクタールで、国内の大学では有数の広さを誇る。

「伊都キャンパスは、これからの九大が向かうべき方向性を象徴しています」

そう語るのは、18年4月に新設された共創学部の小山内康人学部長だ。

「05年に工学部が伊都キャンパスに移転して、人文社会系の学部も今年度内に移転が完了します。これにより、つかず離れずの距離感があった理系と文系の教育を合体させて一つの教育をめざすことが実現可能になりました」

文理融合型の教育をめざす共創学部

「課題構想力」「協働実践力」「国際コミュニケーション力」「共創的課題解決力」の養成をめざす共創学部

「課題構想力」「協働実践力」「国際コミュニケーション力」「共創的課題解決力」の養成をめざす共創学部

小山内学部長が話す「一つの教育」とは、人文・社会・自然科学といった学問分野を横断する文理融合教育のことだ。

「複雑化するグローバル社会の課題を解決するためには、専門分野や言葉の壁を超えて、多様な人々と共に新しい知識や価値を創造していかなければなりません。そのための人材育成をめざして新設されたのが共創学部です」

共創学部では、理系や文系といった従来の学問分野の枠組みを超えて、地球的・人類的な課題の存在する領域として四つのエリア(「人間・生命」「人と社会」「国家と地域」「地球・環境」)を新しい学びの場として設定。それぞれのエリアに、課題解決に必要な多様な学問分野の授業を用意している。

また、多様な学生を選抜するため、「AO入試」「推薦入試」「一般入試」「国際型入試」の四つのタイプの入試を実施。18年度入試では定員(105人)を大きく上回る486人の志願者が集まった。

「志願者のなかには、地球温暖化や拡大する感染症、地域紛争など、地球規模の課題について高い問題意識を持つ学生がたくさんいて素直に驚きました。そうした課題を解決するための知識や経験を『共創学部での学びを通して得たい』という強い意欲が伝わってきました。九大はもちろん、日本の未来においても将来が楽しみな学生が集まったと感じています」

1年生の渡邉七江さんは、そんな学生の一人だ。

「海外の農学系大学に留学したい」と話す渡邉七江さん

「海外の農学系大学に留学したい」と話す渡邉七江さん

「途上国で無駄になっている廃棄物やたい肥などを有効利用する方法を学びたい。高校生のころから化学の実験が好きだったので、将来は化学の力とその他の分野の知識を融合させて他者や社会の役に立つ仕事をしたいと思います」

地球規模の課題解決を掲げる以上、語学力は必須のスキルだ。共創学部では国際コミュニケーション力を培うため、1年次に「英語インテンシブコース」を受講して、学術英語の語彙や表現だけでなく、自らの意見を述べる力など、外国語による合意形成プロセスを徹底的に学ぶ。日本人と留学生が同じ場で学び、日本人学生は海外大学などへの留学が義務づけられている。

「英語インテンシブコースの授業は全て英語で行われます。教室には留学生や帰国子女がたくさんいるので周囲は英語であふれている。入学して数カ月ですが、すでに英語のスキルアップを実感しています」(渡邉さん)

学部の壁を超えた教育体制を構築

新学部担当副理事も務める小山内康人学部長

新学部担当副理事も務める小山内康人学部長

1967年の歯学部創設以来、約50年ぶりに新設された共創学部。学生には知的基礎体力を礎に、自分で問いを立て、課題解決に必要な学問分野を自分で選択し、その答えを見つけ出していくという能動的な学びが求められている。その行く末を、小山内学部長は誰よりも楽しみにしている。

「集まった学生の熱意に応じるためにも共創学部には、組織間の壁を取り払い、21部局の教員が参画しています。地球的・人類的な課題解決を担う人材を育成して、世界に送り出したい」(小山内学部長)

Top Interview
大学ランキング 編集長が聞く

変化・挑戦・創造
三つの「C」を胸に真の学びを

久保 千春 総長

久保 千春 総長

九大では創設100年の2011年から「躍進百大」を掲げ、「世界のトップ100」をめざし、改革を進めてきた。その指針となるのが「九州大学アクションプラン」だ。

「総長に就任した14年に策定を開始。翌年から20年までに成すべきことをまとめました」と久保千春総長は言う。

国内最大級の敷地面積を誇る伊都キャンパスへの移転が、今秋に完了する。「充実したキャンパスづくり」は同プランの骨子の一つでもあった。

「伊都キャンパスでは、2400人を超える留学生に対応するため学生寮も充実させました(留学生用学生寮の定員=全国2位。「大学ランキング2019」から)。我々の視線の先は世界に向いています」

半世紀ぶりの新学部となる共創学部には今春、一期生が入学。文理の垣根を超えた学びが特徴となる。

「多様な学生に集ってもらうため、入試も見直し、一般のほか、AO、推薦、国際型の4種としました。留学を必須とし、世界的な課題解決に貢献できる人材の育成をめざします」

他の学部でも変革が進む。14年度から開始した「基幹教育」は、文理を問わず、専攻の異なる学生たちが協働学習を行う。「多様なものの見方」を学ぶとともに「自律した学び」を促す。

「学生たちには、自分自身の方向性を見出し、アイデンティティーを確立して変化する『Change』、世界へ向けて挑戦する『Challenge』、新しい価値を創造する『Creation』という三つの『C』を大切にしてもらいたいです」

「Challenge」と「Creation」を実現させる一環として、昨年「起業部」が創設された。これは10年間で50社の学生ベンチャーを創出し、そのうち5社の上場を目標としている。

「高校までの学びは正解を見つけるものでしたが、大学は『解』のないものを自分で考える場所。本当の学びはここからです」

Campus Topics

創設50周年を迎えた芸術工学部
よりよい未来をつくるために、人が集まる教育研究をめざす

音響樽の内部。中央はフラーレンマイクロホン

音響樽の内部。中央はフラーレンマイクロホン

目を閉じて耳を傾けるとオーケストラによる迫力満点の演奏が聞こえてくる。チェロやコントラバスの重低音の迫力と金管楽器の高音のメロディー。まぶたの裏にフルオーケストラの演奏姿が浮かんできた。

九大芸術工学部音響設計学科の一室。目を開けると、そこは360度、96個のスピーカーに囲まれた世界初の没入型聴覚ディスプレイ装置“音響樽”のなかだった。他大学と共同で音響樽を用いた研究を行っているのは同学部の尾本章教授だ。

「音響樽では、フラーレンマイクロホンという特別なマイクで録音した音を再生していて、単なる音声情報だけでなく空間における位置関係や気配を感じることができる。エンターテインメントだけでなく、遠隔会議やセミナーといったビジネスや教育といった分野にも活用できます」(尾本教授)

芸術工学部は、2018年に50周年を迎えた。前身の九州芸術工科大学は国内初の国立芸術工科大として1968年に誕生し、2003年に九大と統合された。

人に優しい福岡市地下鉄七隈線

人に優しい福岡市地下鉄七隈線

「半世紀にわたって、科学技術と芸術を融合させた学問分野をめざしてきました」。そう語るのは同学部の谷正和学部長だ。

「芸術工学部の研究は、音響樽に代表されるような最先端研究だけでなく、地下鉄のユニバーサルデザインや高速道路の防音壁の設計など、社会的課題の解決にも生かされてきました」

創設以来、コンセプトに「技術の人間化」を掲げ、技術を人間生活に適切に利用するための道筋を設計する「高次のデザイナー」を養成。新しい価値を生みだすイノベーション力を持つ人材を社会に送り出してきた。卒業生には、20年東京五輪の招致映像の総監督を務めた映像クリエーターの江口カンさんや漫画「キングダム」作者の原泰久さんらがいる。

「より多くの、より優れた人々がかかわるほど、よりよい芸術工学の未来がつくられます。そうした人たちが集まりたくなる教育研究の場を作っていきたい」(谷学部長)

関連書籍のご案内

国公立大学 by AERA 2019
好評発売中!

全国13の国立・公立大学を徹底取材。
大学の枠を超えたグローバルな研究や、さまざまな現場での教育、学生たちの素顔など、
それぞれの大学の魅力をオールカラーで紹介しています。

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中