朝日新聞
 広告特集 企画制作:朝日新聞社メディアビジネス局
2017年の国公立の大学特集
2016年の国公立の大学特集

電気通信大学 ‟イノベーション”で 新たな世界を‟ひらく” 「学力をつけるには楽しんで学ぶことがなにより大切であり、基本です」と福田喬学長は力説する 電気通信大学 ‟イノベーション”で 新たな世界を‟ひらく”

「学力をつけるには楽しんで学ぶことがなにより大切であり、基本です」と福田喬学長は力説する

「学力をつけるには楽しんで学ぶことがなにより大切であり、基本です」と福田喬学長は力説する

ひらけ、INNOVATION! × The University of Electro-Communications

創立100周年に向けさまざまな挑戦を

電気通信大学は今年12月に創立100周年を迎える。前身は1918年に設立された無線通信士の養成機関である無線電信講習所。「人類の持続的発展に貢献する知と技の創造と実践をめざす」を理念に、情報、通信、電子、基礎科学などの諸分野で優れた人材を送り出してきた。
ユニークで特出した専門性と幅広い興味・関心を持ち、豊かなコミュニケーション能力を備える学生を育てることを理想とし、グローバルな人材育成教育を体系化している。

「創立100周年に際し、"ひらけ、INNOVATION!"というスローガンを掲げました。"ひらけ"は扉を"開く"や開拓する"拓く"などさまざまな意味を込めて、あえてひらがなで表記しています。学生たちも想像力をひろげて意味を考えてほしい。次の100年に向け、本学の核である情報理工学の分野から新たなイノベーションを発信していきます」

2014年から学長を務める福田喬氏はそう話す。

三つの類に基づく教育改革がスタート

京王線調布駅から徒歩5分ほどと抜群の立地を誇る

京王線調布駅から徒歩5分ほどと抜群の立地を誇る

電通大では、開学以来続いた電気通信学部を10年に改組し、4学科1課程からなる「情報理工学部」を設置。「総合コミュニケーション科学」という新しい概念を提唱してきた。これは人間、社会、自然の秩序を形成する全てのシステムにおけるモノ、エネルギー、情報の相互作用をコミュニケーションと捉え、それらの本質と意義の正しい理解をベースとして、対象とする課題に立ち向かうべきとする、教育研究における基本姿勢を示すものだ。

さらに、16年に情報理工学部の学部・学科制を改め、「Ⅰ類(情報系)」「Ⅱ類(融合系)」「Ⅲ類(理工系)」の三つの類と夜間主1課程による教育をスタートさせた。それぞれ電通大の基盤となる情報理工学を中核としながら、各類に関連する学問を幅広く学ぶ。

「2年生後期に14の教育プログラムから専門分野を絞り込みます。これにより、学修者主体の教育研究体制となっています。また、修士課程との教育の一貫性を強化したことで、裾野の広い基礎力と高度な専門性を体系的に身につけられます。今の3年生が初めて専門分野に入った段階ですから、結果が出るのはまだ先のことですね」

昨年は5カ年計画となる「DC&I戦略」を打ち立てた。DはDiversity(ダイバーシティ)、CはCommunication(コミュニケーション)、IはInnovation(イノベーション)を意味し、多様性を育みながらコミュニケーションを促進し、イノベーションを生み出そうというものだ。

「最近は学生の興味が情報系にシフトしていますが、ハードも含めたモノづくりを重要視することが必要だと考えています。そのためにも『楽力(がくりょく)』教育が重要です」

「楽力」教育とは、電通大が十数年にわたって進めてきた、楽しんで学ぶ体験型プログラム。モノづくりを通して技術者に必要な能力を養う。

「例えば、学生が自由に使える研究施設である『ピクトラボ』には3Dプリンターなどの多くの機材がそろい、自分がつくりたいものを開発できます」

学内外のコンテストに出品するなど社会にコンタクトしてフィードバックしながら、実践的に学ぶことが可能だ。

「モノや技術はただ発信してもイノベーションにはならない。社会で認められて初めてイノベーションになるんです。社会が何を求めて、何を評価するかを学生に学ばせたり、体験させたりするのがこの教育の重要な意義だと考えています。こうした活動は産学連携のニーズにもつながるので、これからも大事にしてきたいです」

社会に出て必要なものを見極める

学生たちの自主性を育む「ピクトラボ」

学生たちの自主性を育む「ピクトラボ」

電通大はこれまで送り出してきた専門技術者に対する評価が高く、毎年、就職率は国公立大学のなかでもトップクラス。実際、博士前期課程修了者は100%に近い就職率を誇る。

「本学は就職のための教育をしているわけではありません。それは結果であって、学生それぞれが、社会に参画する場合、何が必要かを見極め、学んでほしい」

電通大が求める学生像について福田学長はこう話す。

「失敗を恐れず、チャレンジできる学生が集まってくれることを期待しています。そういう姿勢があれば、結果は十分あとからついてくる。若い時には少々失敗したっていい。電通大には学生のみなさんをサポートできる体制が整っています」

研究最前線

「超スマート社会」を実現させる 未来社会創造事業

情報理工学研究科長 田野 俊一 教授

情報理工学研究科長
田野 俊一 教授

電通大が5カ年計画で掲げる「DC&I戦略」。「研究」と「教育」の二つの柱を軸にプロジェクトが展開される。このうち「研究」のプロジェクトの一つとして昨年、科学技術振興機構が開始した「未来社会創造事業」に応募した。これは経済・社会的にインパクトのある目標を設定し、POC(Proof Of Concept=概念実証、実用化が可能かどうかを見極める前段階)からスタートする研究開発事業だ。探索研究期間が1年半設けられ、本格的な研究は来年度からとなる。

企業や大学からの応募は600件を超え、選ばれた55件の研究開発課題中、2件が電通大のもの。採択率は5件以上応募した機関でトップの数字だ。

選ばれた研究開発課題は、一つが情報理工学研究科長の田野俊一教授が代表の「機械・人間知とサイバー・物理世界の漸進融合プラットフォーム」、もう一つが同研究科の坂本真樹教授を中心とした「会話の空気を読み取るAIによるフワキラ空間の構築」だ。

田野教授による研究開発課題は、この未来社会創造事業に設けられた四つの領域の一つで、社会とIT技術のより高度な融合をめざす「超スマート社会の実現」に属する。田野教授は、「AI(人工知能)は特定の分野では力を発揮するが、まだ応用がきかない。その一方、ビッグデータは人間が解析しているので応用はきくが、当たり前のことしか発見できていない」と話す。田野教授はこの点に着目し、機械と人間の知能を相互に機能させることで超スマート社会を生み出そうとしている。

「超スマート社会の定義づけはまだされておらず、教育者や企業担当者と議論を交わしながら超スマート社会とはどういう社会かイメージを膨らませている段階です。これから5年間にわたって研究を行い、どう社会へ導入・普及していくかが課題です」

Campus Topics

1 特色ある研究で革新的な学際・融合分野の創造をめざす

100周年を記念して建設された新キャンパスには共同研究施設などがそろう

100周年を記念して建設された新キャンパスには共同研究施設などがそろう

電通大では今後、同大が強みとする情報・通信・ロボティクス・光科学など情報通信領域の諸分野の協働を推進していく。具体的には、①イノベーションを生み出す人工知能とビッグデータの活用②ICT力を生かした世界規模のエネルギーソリューションプラットフォームの開発③脳科学ライフサポートイノベーションによる健康長寿社会の実現④「西東京3大学(電通大、東京外国語大学、東京農工大学)連携」を基盤とした文理協働型グローバル人材育成プログラムの構築。これら四つのテーマに積極的に取り組むことで、革新的な学際・融合分野の創造をめざし、同大の科学技術の概念である「総合コミュニケーション科学」を実践する世界水準の教育研究を展開していく。

2 トップレベルのデータサイエンティストの育成を進める

「ウェブシステムデザインプログラム」は社員研修の一環としても利用可能

「ウェブシステムデザインプログラム」は社員研修の一環としても利用可能

昨年から文部科学省主導のもと、トップレベルのデータ関連人材の育成をめざすプログラム(データ アントレプレナー フェロー プログラム)が始まった。これは、AI、IoT(モノのインターネット)、ビッグデータ、セキュリティなどデータ関連技術を駆使する人材の発掘・育成・活躍促進を一貫して行う企業や大学などを支援する事業で、電通大はプログラムが適用される4大学の一つに選ばれた。また、同じく昨年、社会人向けに学内で開講したのが「ウェブシステムデザインプログラム」。「Web技術」「ネットワーク」「セキュリティ」「法規とマネジメント」「最新技術」の5分野からなり、ウェブシステムの設計から構築、運営まで広範な知識を身につけられる。修了者には履修証明書が交付され、厚生労働省が定めるジョブカードにその旨を記載できる。

関連書籍のご案内

国公立大学 by AERA 2019
好評発売中!

全国13の国立・公立大学を徹底取材。
大学の枠を超えたグローバルな研究や、さまざまな現場での教育、学生たちの素顔など、
それぞれの大学の魅力をオールカラーで紹介しています。

プロフェッサー・ビジット
参加高校募集中