CA流マネー&ライフ

無駄な手数料を減らせる!外貨両替を無駄にしない!元CAがお伝えする安全・安心な外地通貨工夫術

CA MediaMIKI

楽しい海外旅行。その翌月のカードの請求金額に、ビックリしたことはないですか?
通貨が変わったことで、お金の価値感覚が変わってしまったことはありませんか?
私も昔、そんなことがありました。

私の場合は旅行に行ったわけではなく、フライト(仕事)です。そう、毎日のお仕事です。毎月、ビックリしているわけにはいきません。様々な情報を調べて、少しでもお得にステイ先を楽しめる工夫をしていました。今回は外地通貨にまつわる工夫を、ご紹介したいと思います。

工夫1:外貨両替は日本の空港で

勿論、海外の街中には、空港よりはレートが良い両替所があります。逆に、あり得ないような不利な交換レートに出会うこともあります。
私が勤めていた頃、ニューヨークのステイ先のホテルは、タイムズスクエアにありました。円高で1ドル80円の時代です。
米ドルを忘れたため、タイムズスクエアにある両替所で両替をしようとしたら、1ドル110円プラス手数料を請求されました。何かの間違いかと思いましたが、レシートを見ても、係員に聞いてもやっぱりその金額。
少しぐらいドル高なのは仕方ないと思いますが、これは高すぎます。このニューヨークでの経験を機に、必ず空港や駅で両替所に立ち寄るようになりました。
日本の主要空港の中にある両替所によっては、次回の手数料を割り引いたりするチケットを下さるところもあります。
現金両替は、安全で確実な日本でというのがCA経験からの答えです。

工夫2:現金キャッシングを利用

クレジットカードによっては、海外ATMでのキャッシングの手数料や利息がとても安いものがあります。その場合、現金を両替するより、はるかに安く現地通貨を入手できます。
この方法、私が勤めていた会社ではかなり広まっていて、キャプテン(機長)まで利用していました。
お使いのクレジットカードのサービスを調べてみてください。
ただし、キャッシングの利息が増えてしまわないように、帰国後は速やかに返してくださいね。

※写真はイメージです。

工夫3:なるべくコインを持たない

海外のコインはなるべく持たないようにしましょう。コインを日本円に戻したり、他の国の通貨に両替したりすることは難しいからです。機内販売でも使えません。
その国では缶ジュースやお菓子がコインで買えるのに、日本に帰ってきた途端にガラクタになってしまうのは、何だか夢から醒めたような不思議な感覚ですね。コインを旅行の記念にするにしても、1枚や2枚で良いはず。
コインが必要になる場面は、おそらく公共交通機関を利用する時でしょう。そのような時は、その国のsuicaのようなカードを購入すると便利です。もしカードがなければ、地下鉄やバスの1日乗車券を活用しても、コインの使用を減らすことができます。
最後は空港でコインを使い切るというのも手ですね。

工夫4:アメリカドルを新札で忍ばせる

世界は広いです。
クレジットカードの利用が普及していない国もあります。日本円を簡単に両替できない国もあります。
そういったときに、米ドルが力を発揮します。日本円を両替できない両替所はたくさん見てきましたが、米ドルを両替できない両替所は見たことがありません。モスクワから3時間の砂漠に行った時でさえ、米ドルは両替できました。現地通貨と米ドルが併用されている地域もたくさんあります。米ドルをお守りのようにお財布に忍ばせておくと、いざというときに頼りになります。
ただし、新札でないとお断りされるところもあるのでご注意を。

今回は外地通貨にまつわる4つの工夫をご紹介しました。
これから海外旅行・海外出張に行かれる方のご参考になれば幸いです。
それではHave a nice flight!

CA流マネー&ライフ

海外で買うと圧倒的に安いもの3選

CA MediaMIKI
  • ライフ
CA流マネー&ライフ

無駄な出費を防ぐ海外旅行荷物パッキング術

CA MediaMIKI
  • ライフ
CA流マネー&ライフ

無駄な手数料を減らせる!外貨両替を無駄にしない!元CAがお伝えする安全・安心な外地通貨工夫術

CA MediaMIKI
  • ライフ

あなたにおススメの記事

pagetop