資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第1回】FPコラム「知らないとヤバい、相続放棄」

藤原FP事務所代表藤原 久敏

亡くなった親の借金は、子どもが引き継がないといけないの?

結論から言えば、原則は「Yes」。
納得いかないかもしれませんが、法律的には、そうなのです。

子どもは、親の「相続人」となります。
相続人とは、被相続人(亡くなった人)の財産を引き継ぐ人のことで、その財産には「マイナスの財産」も含まれるからです。
つまり、相続人である子どもは、親の借金を引き継ぐことになるのです。

見知らぬ親戚の借金も、継ぐことに!?

亡くなった叔父さんの借金は、あなたが払うんだよ。

ということは・・・鋭い方は、そんなケースがあり得ることも、予想できるでしょう。
ここでのポイントは、相続人は、(亡くなった人の)近い身内がなるとは限らないということです。

相続人の範囲は、法律で明確に決められています。
ザックリと説明すれば、亡くなった人の配偶者は、常に相続人となります(配偶者相続人)。それと同時に、血族においては、亡くなった人の子どもが相続人となります(血族相続人第1位)。

しかし、子どもがいなければ、亡くなった人の親(もしくは祖父母等)が相続人となり(血族相続人第2位)、親(もしくは祖父母等)がいなければ、兄弟姉妹が相続人となります(血族相続人第3位)。
つまり、血族相続人には優先順位があって、上順位者から優先して、相続人となるのです。
そして、相続人となった兄弟姉妹がすでに死亡している場合には、その兄弟姉妹の子どもが相続人としての地位を引き継ぐのです(これを代襲相続という)。

つまり、亡くなった人の家族構成によっては、その甥や姪が、相続人となり得るわけです。
この場合、いざ、おじさん(おばさん)が亡くなってから、その甥(姪)が、「ええっ、私が相続人なの?」ということも珍しくないかもしれませんね。

相続人となって財産を相続する、と言うと、何となく、「お金が入ってくる(遺産が転がり込んでくる)」というイメージがあるかもしれません。
しかし、亡くなったおじさん(おばさん)が借金まみれだったとしたら・・・お金が入ってくるどころか、お金を支払わなければいけないということです。

相続放棄とは

でも、ご安心下さい。
相続人は、「強制的に」財産を引き継がされるわけではありません。財産を引き継ぐかどうかは、自由に選べるのです。
もし、財産を引き継ぎたくなければ、そのときは、相続放棄をすればよいのです。

相続放棄とは、被相続人の財産を引き継ぐことを、一切、拒否することです。
つまり、相続放棄をすることで、借金があっても、それを引き継ぐ必要はないのです。もちろん、プラスの財産も引き継ぐことはできなくなりますが。

ただ、心の中で「相続放棄するよ」と思っていても、それは誰にも伝わりませんし、認められません。
放棄をしたければ、きちんと手続きをする必要があるのです。

具体的には、相続開始があったことを知ったときから3ヵ月以内に、家庭裁判所に申述する必要があります。この手続きを期限内にしないと、単純承認(相続財産をすべて引き継ぐこと)したものと見なされてしまい、場合によっては、借金を引き継ぐことになってしまうのです。
状況によっては、相続放棄をしていないと、エライ目にあうことかもしれませんね。

※写真はイメージです。

先順位者の放棄にも、要注意

あと、相続の先順位者が放棄をした場合も、要注意です。

なぜなら、相続放棄をすると、その放棄をした人は相続人ではなくなるので、相続人の範囲が変わってくるからです。
たとえば、亡くなったおじさん(おばさん)に子ども(血族相続人第1位)や親等(血族相続人第2位)がいても、彼らが相続放棄をすれば、血族相続人第3位である兄弟姉妹(つまり、あなたの親)が相続人となります。繰上げ当選みたいな感じですね。
そして、相続人となったあなたの親が、すでに死亡している場合には、あなたが相続人となるのです。

おじさん(おばさん)には子どもがいるし、私には関係ない・・・と思っていたところ、その子どもが相続放棄をして、いきなりあなたが相続人となる可能性もあるのです。
そして、おじさん(おばさん)に多額の借金があったなら・・・怖いですね。

つまり、相続の先順位者の放棄についても、しっかり把握しておかなければいけません。
そういった意味でも、相続放棄は、知らないとヤバいのです。

相続放棄をしても、死亡保険金は受け取れる

ところで、相続放棄でよくある誤解が、死亡保険金の受取です。

相続放棄をした人は、死亡保険金は受け取れない・・・と思い込んでいる人も少なくないのですが、相続放棄をした人でも、死亡保険金は受け取れます。

相続放棄した人が、死亡保険金を受け取るなんて・・・と、感覚的に釈然としないかもしれませんが、堂々を受取ってかまいません。なぜなら、死亡保険金は、亡くなった人の財産ではなく、保険金受取人の「固有の財産」とされているからです。

相続放棄すると、死亡保険金がもらえなくなる・・・と心配されていた人は、安心ですね。

ただし、受け取った死亡保険金(契約者=被保険者の場合)は相続税の対象になります。
その際、死亡保険金受取人が相続人であれば、受け取った死亡保険金のうち「500万円×法定相続人の数」の金額が非課税となるのですが、相続放棄をした人は相続人ではなくなるので、この非課税枠は使えないことには注意しましょう。

もっとお金の勉強をしたい方は、、、ファイナンシャル・プランナーの学習がオススメ
https://www.tac-school.co.jp/kouza_fp.html
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第10回】IPO(新規株式公開)は、絶対に儲かるのか?

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第9回】株主優待の落とし穴

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第8回】あやしい投資話の見分け方

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第7回】投資で絶対にやってはいけない三つのこと

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第6回】FX(外国為替証拠金取引)の賢い利用法

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第5回】スッキリ分かる、売り買いのタイミング

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第4回】とってもおトクな、デパート積立:資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第3回】知らないとヤバい、遺留分

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第2回】FPコラム「クイズで分かる、資産運用のセンス」

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資
資格の学校TAC講師が語る『お金の常識知ってますか?』

【第1回】FPコラム「知らないとヤバい、相続放棄」

藤原FP事務所代表藤原 久敏
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop