お金を呼ぶ教養塾

【第6回】経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一

前回のコラムでは、消費することで他人から注目されたいという無意味な承認欲求から自由になり、資産形成そのものに達成感を得ることが大事だ、という話をしました。今回はその話をさらに応用して、「経済的な自由」を得ることの意味について考えてみたいと思います。経済的自由とは何か?という問いは、まさにお金に関する教養に直結する話ですから、ぜひ皆さんも一緒に考えてください。

お金が欲しいという思う理由は人それぞれです。筆者は、お金を稼ぐ究極的な目的は、経済的な自由を得るためだと思っています。人生における選択肢を増やすため、と言い換えることもできるでしょう。

自身の生活に幸福感を感じられない人は、たいていの場合、人生に多くの選択肢を持っていません。選択肢がないために、ひとつの生き方を受け入れるしかなく、これが心の持ち方にマイナスの影響を及ぼすのです。

お金持ちの多くは、無理な住宅ローンを組むことに対して否定的な意見を持っています。その理由は、借金や持ち家そのものを否定しているのではなく、無理な住宅ローンを組むことによる「選択肢の消滅」を危惧しているのです。

35年といった長期の住宅ローンを組めば、実際に住宅取得にかかる費用の4割分もの利子を追加で支払わなければなりません(2%固定の場合)。4000万円を借りた場合には、利子だけで1600万円にもなってしまいます。

それだけなら単純に金額の話ですが、問題はそこではありません。無理なローンを組んでしまうと、20年から35年という長期にわたって、実質的に人生の選択肢が奪われてしまいます。お金持ちの人はこのあたりに非常に敏感であり、そうであるが故に長期の住宅ローンに否定的なのです。

※写真はイメージです。

年収から生活費を差し引いた残りの金額のほとんどを住宅ローンに費やしてしまった場合、人生の選択肢はほぼゼロとなってしまいます。リストラで給料が大きく減ってしまうような事態になったら、最悪の場合、住宅を諦め、残りのローンの支払いを一生涯、続けなければなりません。

また、サラリーマンは、住む場所を自由に選べないことがほとんどです。筆者もサラリーマンだった時代、住宅ローンを組んだ途端に転勤を命じられた人を何人も見てきました。せっかく家を買っても、マイホーム生活を楽しむことができない場合もあるのです。

転職したり、独立したりするには、かなりのエネルギーが必要となります。起業ということになると、さらにハードルが上がります。目一杯の住宅ローンを組んでしまうと、こうした事態に対処することが難しくなります。運命を受け入れる以外に、方法がなくなってしまうわけです。

毎日の生活で大きな不便や不満がなくても、人生の選択肢が制限されているという事実は、心の持ち方に少なからず影響を与えることになります。何となく不安だという感覚は、こうしたところに起因することが多いのです。

まとまった資金があると、精神的に大きな余裕を持つことができます。現実には多少の資産があるからといって、望まない転勤を拒否したり、すぐに転職したりするという人はいないでしょう。しかし、「いつでも会社を辞めることができる」という余裕は、強力な武器になります。まとまったお金には、自身が望まない事態に直面した時の受け止め方を変える効果があるのです。

本コラムでは、お金で幸せを買うことはできないと主張してきました。確かのその通りなのですが、まとまった資金があれば、自由を買うことは可能です。自由は幸福に直結するわけではありませんが、幸福な人生を送るための重要なツールになり得ます。その意味で、お金を貯めることには大きな意味があるのです。

もちろん自由というものは、お金だけで得られるものではありません。どこでもやっていけるというスキルや、イザという時に頼りになる友人など、自身が持つ総合的な資産が、自由をもたらしてくれます。お金はその中のひとつの手段と考えればよいでしょう。

お金を呼ぶ教養塾

【第36回】世の中に「オイシイ話」は転がっているのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第35回】他人へのプレゼントにはお金をかけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第34回】豊かになりたければ「怒り」を否定してはいけない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第33回】会食にかかるお金についてどう考えるか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第32回】決断が速いことはなぜ重要なのか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第31回】お金のセンスをトレーニングするもっとも効率的な方法は?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第30回】お金と見た目の関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第29回】割り勘よりおごりの方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第28回】ありがとうと言える人はお金持ちになれるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第27回】高いモノは良いモノか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第26回】どんぶり勘定の方がお金持ちになりやすい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第25回】お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第24回】お金はまとまっていると意味がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第23回】自分の一生と冷静に向き合ってみよう

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第22回】お金持ちになれる趣味の持ち方とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第21回】お金は天下の回り物

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第20回】物事の是非と損得勘定をしっかり切り分ける

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第19回】相関関係と因果関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第18回】「そのうち」は永遠にやってこない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第17回】率と絶対値の違いをマスターする

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第16回】「数字」はお金の教養そのもの

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第15回】今現在、1年後、5年後、10年後を同時に考え、30年後は考えない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第14回】金利の意味を知ればお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第13回】お金持ちはお金持ちになってお金持ちになる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第12回】時間には値札が付いており、その値段は刻々と変わる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第11回】お金持ちほどお金を使わなくなる話のホント・ウソ

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第10回】消費してよいお金とダメなお金の違い

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第9回】学歴とお金は関係あるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第8回】理解と共感の違いを理解できると、自身の経済力は飛躍的に高まる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第7回】お金を遠ざける思考回路、お教えします

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第6回】経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第5回】お金が貯まらないのは、承認欲求が強すぎるから

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第4回】幸せはお金で買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第3回】年収1000万円では「お金持ちの生活」を送れない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第2回】お金に縁のある「教養人」は、徹底して資産額を重視する

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第1回】お金に縁のある人は、常に相手の目線で物事を考える人

経済評論家加谷 珪一
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop