ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第5回】住民税の仕組みと住民税100万の壁

ファイナンシャルプランナー横川 楓

社会人2年目の6月以降、お給料から引かれる住民税。心構えをしておかないと、いきなり手取りの金額が減って、びっくりしてしまうことも。
社会人になって初めて存在に気付くといっても過言ではない住民税ですが、どのような仕組みなのかご存知でしょうか?
今回は、そんな住民税の基礎、そして住民税が非課税になる場合についてご説明していきたいと思います。

住民税の仕組み

住民税とは、簡単に言えば、自分が住んでいる市区町村に収める税金です。会社にお勤めの方の場合は、社会人2年目の6月から、住民税がお給料から引かれることになります。
なぜ2年目なのか?住民税は、基本的には前年の所得によって決定されるからです。今のお給料から引かれている住民税は、前年の所得により計算されたものということになります。新卒入社の場合、前の年は学生なので、お給料は発生していません。
今年からお給料が増えたという方は、翌年の住民税が高くなるということを覚えておいた方がいいかもしれません。

所得割と均等割もチェック!

住民税には、前年の所得によって金額が決まる所得割と、市区町村によって定額で決められている均等割の2種類によって構成されています。
所得割の税率は10%。これを前年の所得にかけた金額が、所得割として納めなければいけない住民税となります(さらに税額控除という税金のマイナス要素もありますが、今回はわかりやすくするために、それらをないものとしてご説明していきます)。
均等割は、基本的には所得は関係なく、同じ市区町村に住んでいる人であれば、原則として定額。しかし、市区町村によって、金額が異なる場合も。住んでいる地域によって、住民税が安くなることもあるということになりますね。

※写真はイメージです。

住民税は100万円の壁!

いろいろと細かい計算や決まりはあるのですが、今回は主婦についての基本的なルールに沿って話を進めていきます。
所得割と均等割の両方が課税されない合計所得金額というのが、各自治体で決められていて、例えば東京の場合は35万円となっています。そして、給与収入をもらっている人が必ず受けられる給与所得控除が65万円。この2つを足した金額である年収100万円が、住民税がかからないボーダーラインとなります。
パートにでている主婦の方の場合、年収100万円以内であれば住民税がかからないということになります。後日に詳しくご説明していく所得税の壁が103万円なので、100万円以内であれば所得税もかからないということになりますね。

注意すべき点は?

まず、所得割と均等割の両方が課税されない合計所得金額(35万円の部分)が、市区町村によって微妙に異なるということ。たとえば、千葉県木更津市では28万円、埼玉県川越市では31万5千円と、35万円より少ない金額になることもあります。その場合は65万円にそれぞれの金額を足して、年収いくらまで住民税がかからないのかを計算する必要があります。お住まいの自治体の住民税の非課税枠について、一度、調べてみてください。
住民税は、前年の所得により決まります。なので、今年仕事を辞めて来年は収入がないという方でも、今年の分の住民税を来年支払うことになるので注意が必要です。
また、パートにでている奥様の住民税の場合だけではなく、世帯として住民税非課税世帯となる場合は、扶養家族の人数によって計算方法自体も変わるので、100万円の壁が当てはまらなくなります。

基本的にはパートやアルバイトをされているご家族がいる場合の話なので、会社員としてフルタイムで働かれている方にはあまり関係のない話かもしれませんが、家族の働き方を考える知識の一つとして、住民税の仕組みもしっかり覚えておきましょう!

ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第13回】2019年からはスマホで確定申告ができる!しなくちゃいけないことって?

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第12回】かけこみふるさと納税はこれがおすすめ

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第11回】申告をしなくても、ふるさと納税ができる!ワンストップ特例って?

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第10回】趣味とお金のバランスを考えよう!

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第9回】領収書は提出不要に!医療費控除・セルフメディケーション税制で確定申告するには?

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第8回】初心者必見、確定申告をしようと思ったら?

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第7回】まだまだ間に合うふるさと納税

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第6回】年収という言葉に要注意!収入と手取りの違いって?

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第5回】住民税の仕組みと住民税100万の壁

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第4回】お金の管理

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第3回】10月から金額が変わるかも?!社会保険料の決定の仕方

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第2回】利息と金利をチェック!

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ
ミレニアル世代のお金の専門家 かえで先生の「知って得する お金の基礎知識」

【第1回】身近な税金と年末調整・確定申告

ファイナンシャルプランナー横川 楓
  • ライフ

あなたにおススメの記事

pagetop