はじめよう!つみたてNISA

今さら聞けない NISAの基本

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里

2018年1月から「つみたてNISA」という制度が始まりました。これは、すでに始まっている非課税制度「NISA」の株式投資の積み立て版。でも、そもそもNISAってどんなしくみ? と戸惑う方もいるかもしれません。

そこで今回は、「NISA」のしくみをおさらいしておきましょう。

NISAとは「利益に税金がかからない」制度

NISAとは「少額投資非課税制度」のこと。イギリスのISA(Individual Savings Account)という制度をもとに、日本(NIPPON)版として2014年に導入されました。毎年120万円までの新規投資額について、投資の結果得た利益が最長で5年間にわたって非課税になる制度です。

対象になる投資は、上場している国内外の株式や投資信託。これらに投資をして値上がり益が出たとき、配当金・分配金を得たときには、通常※は20.315%の税金が差し引かれますが、これが投資した年から5年間はかかりません。

※特定口座・一般口座の場合

たとえば、2018年に120万円をある株式に投資して4万円の配当金を受け取った場合、税金がかかれば4万円×20.315%の8,126円が差し引かれて手取りは31,874円になります。これがNISA口座で投資をした場合は非課税になり、4万円がまるまる手取りの配当金になります。また、この株式が値上がりして120万円から150万円になって売却すれば30万円の利益が出ます。この場合も、30万円×20.315%の60,945円が税金として差し引かれれば手取りは24万円弱になってしまいますが、NISA口座で投資をすれば非課税になり、30万円すべてが手取りの値上がり益になります。

NISAで投資できるのは20歳以上、2023年まで

NISAは、日本に住んでいる20歳以上の人が利用できます※。証券会社などでNISA専用の口座を開設し、2023年までに投資したものが非課税の対象になります。120万円という投資額の上限は毎年設定されるもので、もし2018年から制度終了の2023年までの6年間で最大限に活用するなら、毎年120万円×6(2018~2023年)=720万円分を非課税で投資できます。仮に毎年120万円を新規で投資して、それぞれで30万円の利益が出たら、180万円分の利益に対して約37万円の税金がかからないことになります。

ただし、非課税枠の繰り越しはできません。2018年に100万円しか投資しなかったからといって、2019年に140万円を非課税の対象にはできません。

一方で、非課税になる期間を長くすることはできます。NISAで非課税になる期間は最長5年間ですが、6年目の非課税枠に「移管(ロールオーバー)」といって移し替えることができます。たとえば、2018年に120万円分購入した株式を5年間売却せずに、2023年の非課税枠に移行すれば、そこからまた5年間は非課税になります。

なお、新規でNISA口座を開設したり、新たな株式や投資信託を購入したりできるのは2023年までですが、2023年中に購入した株式や投資信託は2027年までの5年間は非課税になります。

※0~19歳の人には、「ジュニアNISA」という制度があります。

※写真はイメージです。

1人1口座、1金融機関だけ

NISA口座は、1人一つ、一つの金融機関にしか開設できません。銀行の預金のように、複数の口座を作ることはできません。ただ、NISA口座で購入できる商品のラインアップは金融機関によって異なります。証券会社では国内外の株式や投資信託、ETF(上場株式投資信託)の多くを取り扱っているのに対し、銀行では投資信託が中心です。金融機関は1年単位で変更できます。

また、ここまで説明してきた一般の「NISA」と、2018年から新しく始まった「つみたてNISA」とは併用できません。こちらも1年ごとに、どちらかを選ぶことができます。今年は一般のNISA、来年はつみたてNISAのように変更できます。

投資に興味はあるけれどなかなか踏み出せないという方は、NISAを活用して少しずつ始めてみてもよいですね。

※本稿は投資に関わる基礎知識を解説することを目的としており、投資の実行を推奨するものではありません。投資を行う際には、投資対象商品のリスク等についてご理解の上、ご自身の判断と責任において行ってください。

今さら聞けない 住宅ローンの基本

被災したら、住宅ローンはどうなる?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

被災したとき、火災保険はどうもらう? どう続ける?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
はじよう!つみたてNISA

つみたてNISAの注意点

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • はじめよう!つみたてNISA
はじよう!つみたてNISA

どっちがいいの? 「一般のNISA」と「つみたてNISA」

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • はじめよう!つみたてNISA
はじよう!つみたてNISA

今さら聞けない つみたてNISAの基本

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • はじめよう!つみたてNISA
はじよう!つみたてNISA

今さら聞けない NISAの基本

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • はじめよう!つみたてNISA
今さら聞けない!保険の基本

将来のお金を備えておきたい! 貯蓄保険

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない投資の基本

投資が怖いなら小額から始めよう

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 投資
今さら聞けない!保険の基本

がん保険

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!カードの基本

クレジットカードとデビットカードの使い分け方・選び方

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • ライフ
今さら聞けない!カードの基本

デビットカードってなに?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • ライフ
今さら聞けない!保険の基本

生命保険、将来のお金を備えておきたい! 貯蓄保険、医療保険は何が違う?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

生命保険の選び方

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険

あなたにおススメの記事

pagetop