初心者のための長期投資講座

投資とは社会全体が得をする仕組みです

さわかみ投信代表取締役社長澤上 龍

低金利の今、投資をしないと「損」だという風潮がありますが、それは本当でしょうか。独立系投資信託運用会社「さわかみ投信」の澤上 龍代表取締役社長に、儲け話とは異なる本質的な「損得」について聞きました。

――前回、投資は誰かの利益が、別の誰かの損になるゼロサムゲームではないとおっしゃっていました。でも、投資って喰うか、喰われるかの世界というイメージがあります。

澤上 あれ?第1回では投資は投機とは違うので、怖がらなくても良いものと納得していませんでしたか?

――ええ、まあ、でも……。

澤上 では、もう一度言いますね。企業の成長を支え、投資家と企業が「ともに歩んでいく」のが投資です。企業が自ら事業リスクを取り、未来に向かって育っていこうとするのを、投資家は金銭面のリスクをとることで支援していきます。成長性を期待しての投資ですから、出したお金が減るかもしれないリスクはもちろんあります。ただ、初心者の方がイメージするような怖いものでは全くありません。

――なるほど。ところで企業の成長性はどう見極めるんでしょう?

澤上 例えば5年後、10年後にどんな社会になっていて欲しいか、何かイメージはありますか?

――そうですね…漠然としていますが、不安のない社会が良いです。不便なことや困っていることが改善されて、もっと便利で暮らしやすい社会になったら良いなと思います。

澤上 そのような社会が訪れるために必要な商品やサービスを生み出す企業があればどうでしょう。応援してみたいと思いませんか?

――あっ!社会全体を良くするような新しい商品やサービスを、これからどんどん作っていこうとするのが成長性のある企業なんですね。

澤上 その通りです。投資を通じて、そうした企業の商品、サービス創りを手伝っていくことが、先ほど言った「ともに歩んでいく」の意味です。景気が悪化したり、世界的に株価が暴落したりして、誰もその企業に見向きもしないようなときでも、強い気持ちでその企業に寄り添い支えるのがポリシーのある投資であり、第1回からお伝えしている本質的な投資なんです。

――なんだか、自分ごと化すると投資もわかりやすくなりますね。

澤上 そうでしょう。投資はみんなが得をするプラスサムのはずなんです。志のある企業は、画期的な商品・サービスを創って社会に貢献したいと思っています。しかしそのためには時間が掛かるし、資産(資本)もかかる。そこに皆さんが少額でもいいから投資をして、株主としてその期間を支えてあげる。結果、画期的な商品・サービスが誕生して市場に投入され、みなさんもその良さを享受することができますし、ましてやそのときに株主でいてくれた方に、企業側が成功のリターンをもたらしてくれることは、想像に難くないですよね。

――投資って「損得」でよく語られますが、それはお金の問題だけじゃないんですね。

澤上 逆に言うと、投資をしないということは、社会貢献と社会参画のチャンス、優れた商品・サービスを利用するチャンス、企業の成長を見守りながらリターンを獲得するチャンスの3つを失う「トリプル損」になります。

――なんだか、投資をしないともったいないという気分になってきました。

澤上 それはよかった(笑)

――澤上さんが社長の「さわかみ投信」も、そういうポリシーで投資しているんですか?

澤上 もちろんです。当社の投資先企業を選定する会議は面白いんですよ。1つの銘柄を選ぶのに3年かかることもあります。

――えーっ、そんなに!?

澤上 本当に応援したい企業を選ぶわけですから、やはり時間がかかります。基本的に当社は消費者目線で企業の成長性を捉えています。企業選択にかかわる社員は性別も、年齢も、趣味・嗜好も異なるので、いろんな角度から企業を見ている。だから、議論が尽きないのです。

――面白いですね。これまで持っていた投資会社へのイメージが変わりそうです。一方で、業績とか財務内容といった数字的なものはまったく考慮しないんですか?

澤上 いやいや。もちろん分析はしっかり行いますよ。難しい話は、次回以降に登場する当社のファンドマネジャーに任せますが(笑)

――第1回に引き続き、2回にわたってインタビューに答えていただきましたが、最後に一言お願いします。

澤上 繰り返しにはなりますが、私がお伝えしたいことはただ1つ、投資と投機は違うということです。「企業とともに世の中をつくる」という投資の本質を忘れないでいただきたいですね。

―――ありがとうございました。

留意事項

■投資信託は、値動きのある有価証券等に投資します。組入れた有価証券等の価格は、発行者の経営状況やそれに対する外部評価、外国為替相場等の変動による影響を受け、投資信託の基準価額は変動します。これらにより生じた利益および損失は、すべて受益者の皆様に帰属することとなります。また、元本および利息の保証はなく、預金保険の対象でもありません。したがって、投資された元本は、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託は預貯金とは異なります。

■投資信託への投資に際しては、所定の手数料等が必要になります。さわかみファンドの場合は次の手数料等がかかります。【購入時手数料・信託財産留保額】ありません。【信託報酬】さわかみファンドの純資産総額に対して1.08%(税込・年率)です。【 その他費用・手数料】組入れ有価証券等の売買委託手数料およびこれにかかる消費税等相当額などの実費を投資信託財産より控除します。※売買委託先の手数料率が変更することがあるため実費の額は表示できません。

■投資にあたっては、必ず「投資信託説明書(交付目論見書)」をよくご覧いただき、ご自身でご判断ください。
お問い合わせは、さわかみ投信㈱まで。

さわかみ投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第328号
加入協会 一般社団法人投資信託協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

初心者のための長期投資講座

「投資家に必要なのは10年後の未来を描く力!?」
~「きんゆう女子。」座談会編 長期投資のメリットを探る

さわかみ投信
  • PR
初心者のための長期投資講座

「株は買ったら放っておけばいい」ってどういうこと!?
~「きんゆう女子。」座談会編 長期投資のメリットを探る~

さわかみ投信
  • PR
START!編集部と担当ライターが潜入!

ファンド運用者の「長期投資」

さわかみ投信
  • PR
START!編集部と担当ライターが潜入!

異色のファンドマネージャーが直伝!投資は難しくありません!

さわかみ投信
  • PR
START!編集部と担当ライターが潜入!

「さわかみファンド」運用報告会に参加してわかったこと(後編)

さわかみ投信
  • PR
START!編集部と担当ライターが潜入!

「さわかみファンド」運用報告会に参加してわかったこと(前編)

さわかみ投信
  • PR
初心者のための長期投資講座

「月1万円からできる 人生を変えるお金の育て方」著者が教える長期投資の魅力(後編)

フリーランスライター馬場 千枝
  • PR
初心者のための長期投資講座

「月1万円からできる 人生を変えるお金の育て方」著者が教える長期投資の魅力(前編)

フリーランスライター馬場 千枝
  • PR
初心者のための長期投資講座

初心者はどの会社で投資を始めれば良いの?

さわかみ投信株式会社 直販部部長中津 圭博
  • PR
初心者のための長期投資講座

初心者でも始めやすい投資の方法とは

さわかみ投信株式会社 直販部部長中津 圭博
  • PR
初心者のための長期投資講座

投資とは社会全体が得をする仕組みです

さわかみ投信代表取締役社長澤上 龍
  • PR
初心者のための長期投資講座

そもそも「投資」って何ですか?

さわかみ投信代表取締役社長澤上 龍
  • PR

あなたにおススメの記事

pagetop