拡大するアジアのいま

インド

インドの基本データとGDP

出所:IMF「World Economic Outlook Database,April 2018」をもとに三菱UFJ国際投信作成
期間:2008年~2023年、年次
※実質GDP成長率2017年以降、一人当たり名目GDP2013年以降は、IMFの予測

EVシフトも見据えた自動車産業

2017年、インド国内での新車販売台数は前年比34.8万台増で402万台となり、ドイツを抜いて世界第4位となった。インド政府は2030年までに、国内で販売する自動車のうちEV(電気自動車)の割合を3割にする目標を立て、税制優遇などを始めた。EVの普及により、貿易赤字の原因である原油の輸入を減らすほか、首都ニューデリーなどの大気汚染改善を狙う。日本勢をはじめ、世界の自動車メーカーが巨大市場を熱く見つめる。

出所:国際自動車工業連合会のデータを基に三菱UFJ国際投信作成

個人情報の活用で新たな市場

インド版のマイナンバーともいえる国民ID管理制度「アドハープログラム」。2009年に始まったこの制度は、国民一人ひとりに12桁の番号を割り振り、氏名や性別、指紋や虹彩までをデータベースに登録することで双方を結びつける。すでに11億人以上の情報が登録されている。政府はシステムを公開し、銀行口座の開設や携帯電話の契約など、民間サービスとの連携・活用を促している。

世界最大の国内生体認証システム「アドハー」

※上記は、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証するものではありません。

※本記事は、アジアの投資環境をお知らせするために、三菱UFJ国際投信が作成したものです。本記事の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更されることがあります。本記事は信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。(2018年7月)

拡大するアジアのいま

インドネシア

三菱UFJ国際投信
  • PR
拡大するアジアのいま

インド

三菱UFJ国際投信
  • PR
拡大するアジアのいま

中国

三菱UFJ国際投信
  • PR
拡大するアジアのいま

世界経済の主役へ

三菱UFJ国際投信
  • PR
拡大するアジアのいま

数字でみるアジアのいま

三菱UFJ国際投信
  • PR
世界的な景気拡大の恩恵を受ける

アジアのこれから(前編)各国経済の現状

三菱UFJ国際投信
  • PR
世界的な景気拡大の恩恵を受ける

アジアのこれから(後編)今年以降の見通し

三菱UFJ国際投信
  • PR

あなたにおススメの記事

pagetop