今さら聞けない!保険の基本

生命保険の「見直し」ってなに?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里

ひとたび生命保険に入ると、その後はほったらかし、という人は少なくありません。ずいぶん前に加入したはずだけど、どんな保険だったっけ? と、すっかり内容を忘れている人もいるのでは? でも、保険は入りっぱなしでは十分に機能しないことがあります。そこで大切なのが、定期的な「見直し」です。

見直しってなに?

どんなに良い保険に加入しても、実はそれがあなたやご家族にとっていつまでもベストなものとは限りません。ご自身やご家族に合った保険を有効に継続させておくには、定期的に「見直し」をすることが大切です。

「見直し」とは、契約している保険の内容を改めて確認し、必要に応じて保障の内容を変えることです。具体的には、おもに次のような方法があります。

  • 今、加入している保険の保険金額を増やす、減らす
  • 今、加入している保険の特約を追加する、外す
  • 今、加入している保険を解約する
  • 今、加入している保険とは別の保険を新しく契約する

これらの方法のうち、どの方法で見直すかは、契約している保険の内容と、ご自身やご家族の現状や今後の見通しとを考慮して検討します。

保険に求めるものは年月とともに変わる

なぜ、加入したときにはベストだったはずの保険を見直さなければならないのでしょうか? それは、おもに二つの理由があります。

まず一つ目は、ご自身やご家族の状況が、保険に契約したときと今とでは変わっていることがあるからです。

たとえば、保険に契約したときにはご夫婦2人暮らしだったけれど、今は子どもが1人いる場合。万が一あなたが亡くなったときに、生活資金を残しておいてあげたい人は、1人から2人に変わったはずです。そんなときには、子どもの生活資金、さらには教育資金も考慮した保険金額を、死亡保険で確保しておく必要があります。もし、子どもが生まれてからも保険を見直さないままになっていたら、保険金額を増額したり、死亡保険を追加で契約したりする必要があるかもしれません。

逆に、それまではご夫婦とお子さんで暮らしていたけれど、お子さんが独立した場合。お子さんの生活を経済的に支える必要がなくなれば、その分、万が一あなたが亡くなったときに残してあげたいお金は減るでしょう。そんなときには、死亡保険で確保すべき保険金額はそれまでよりも少なくなるかもしれません。

このように、ご自身やご家族の人生のステージ(これを「ライフステージ」といいます)が変わるのに伴って、万が一の際に求める保険金額も変わってきます。もちろん、保険金額だけでなく「どんなときに受け取れるか?」という保障の内容に求めるニーズが変わることもあります。

一般的に次のタイミングは、保険に求めるニーズが変わることが多いです。

  • 結婚したとき
  • 子どもが生まれたとき
  • マイホームを買ったとき
  • 子どもが独立したとき
  • 定年退職(リタイア)したとき
※写真はイメージです。

保険は年々進化する

もうひとつ、保険を見直すべき理由が、新しい商品が登場することです。携帯電話や家電が、年々、新しい機能を備えてより使いやすい新商品が発売されるのと同じように、保険も常に新しい商品が登場します。

新しい商品は、古い保険に比べて医療技術の進歩や顧客のニーズによりマッチしていることが多いです。たとえば、医療保険の「先進医療特約」は、先進医療(※)を受けたときに給付金がおりるものですが、先進医療が整備されていなかった時代には存在しませんでした。1980年代に高度先進医療という制度が始まったことから、1990年代から各保険会社で販売されるようになりました。

またがん保険では、がん治療の多様化に伴って、がんで入院したら1日1万円受け取れるような基本的なものに加え、抗がん剤治療を受けたとき、乳房などの再建術を受けたとき、入院するかどうかにかかわらずがんと診断を受けたときなど、さまざまな特約が次々と登場しています。

こうした医療の変化に応じて、いざご自身やご家族が保険を使う際に何を求めるか? も変わってくる可能性があります。常に最新の機種に買い替える必要はないものの、20年前の携帯電話は今では使い勝手があまり良くないのと同じように、保険も古すぎると使い物にならなくなることもあります。

保険に入るときには、「何のために保険に入りたいのか?」を十分に検討したはず。それが今もきちんと使えるかどうか、折に触れてチェックしておきたいものですね。

※先進医療とは、厚生労働省が定める高度の医療技術を用いた診療方法のことです。該当する医療技術およびそれを受ける医療機関が定められており、2018年7月1日現在で92種類が認められています。先進医療にかかる費用は全額が自己負担です。

今さら聞けない!カードの基本

クレジットカードを選ぶポイントはこの五つ

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • ライフ
今さら聞けない!保険の基本

外貨建て生命保険のしくみを知っておこう

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

貯蓄型保険の「返戻率」ってなに? 利率とは違うの?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

地震保険のしくみを知ろう

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

生命保険の「見直し」ってなに?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

自分の生命保険を知る10のポイント

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

保険でお金をためる 積み立て保険ってなに?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

終身保険でお金がたまるってホント?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

退職したら年金はどうなる?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

死亡率が下がると保険料は上がる? 下がる?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

退職したら健康保険はどうなる?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

生命保険の保険料はどうやって決まる?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

子供のために備えておきたい!学資保険

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

保険に入っていると税金が安くなる 生命保険料控除ってなに?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない 住宅ローンの基本

被災したら、住宅ローンはどうなる?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

被災したとき、火災保険はどうもらう? どう続ける?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
はじよう!つみたてNISA

つみたてNISAの注意点

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • はじめよう!つみたてNISA
はじよう!つみたてNISA

どっちがいいの? 「一般のNISA」と「つみたてNISA」

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • はじめよう!つみたてNISA
はじよう!つみたてNISA

今さら聞けない つみたてNISAの基本

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • はじめよう!つみたてNISA
はじよう!つみたてNISA

今さら聞けない NISAの基本

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • はじめよう!つみたてNISA
今さら聞けない!保険の基本

将来のお金を備えておきたい! 貯蓄保険

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない投資の基本

投資が怖いなら小額から始めよう

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 投資
今さら聞けない!保険の基本

がん保険

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!カードの基本

クレジットカードとデビットカードの使い分け方・選び方

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • ライフ
今さら聞けない!カードの基本

デビットカードってなに?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • ライフ
今さら聞けない!保険の基本

生命保険、将来のお金を備えておきたい! 貯蓄保険、医療保険は何が違う?

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険
今さら聞けない!保険の基本

生命保険の選び方

慶應義塾大学スポーツ医学研究センター 研究員加藤 梨里
  • 保険

あなたにおススメの記事

pagetop