お金を呼ぶ教養塾

【第25回】お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一

よくお金はお金のあるところに寄ってくるという話を耳にします。この話を聞くと、もともとお金がない人は、諦めなければならないのかと思ってしまいます。お金はお金が大好きという話は本当なのですが、お金のある人のところにだけお金が寄ってくるわけではありません。

まとまったお金を作るためには、大きく分けて二つの方法があります。ひとつはビジネスや投資などで大きく稼ぐというもの。もうひとつはお金の使い方を工夫して余裕資金を作るというものです。二つの方法があるというよりも、この二つの方法以外にやり方はないといった方が正確でしょうか(宝くじなどは除外します)。

大きな金額を稼ぐためには、ビジネスや投資など、ある程度のリスクを取る必要があります。大きな稼ぎというのは、こうしたリスクと引き換えに得られるものといってよいでしょう。
一方、お金の使い方を工夫するというやり方であれば、大きなリスクを取る必要がありません。残念ながら、これで貯(た)められるお金は巨額というわけにはいきませんが、知恵とアイデアだけで実行できるという点が最大の魅力です。

ここでどちらがよいのかという話をしてもあまり意味がありません。お金が欲しいといっても、人によって欲しい金額のレベルは様々だからです。1億円以上の資産がなければお金持ちではないと考える人もいるでしょうし、3000万円くらいの資産があれば十分リッチだと思う人もいるでしょう。一方で、年間50万円、余裕資金を捻出できれば、それでよいという人もいるはずです。

重要なのは、自分はどのくらいのお金が欲しいのかというイメージをしっかり持つことです。実は多くの人は、漠然とお金が欲しいと思っていても、具体的にいくら欲しいのかと聞かれると返答に困ってしまうものです。「多ければ多いほどよい」といった話ではなく、具体的にいくらの金額が欲しいのかを考えてみてください。

金額がはっきりしてくるということは、何にお金を使うつもりなのかが明確になるということです。老後が不安という話であっても、具体的に1000万円なのか5000万円なのかでは、同じ老後でも話はまったく変わってきます。

もし、何らかの理由で1億円といったレベルのお金が欲しいということであれば、普通にしていては達成できないのは明らかです。投資やビジネスなど、大きなリスクを取ることは必須要件といってよいでしょう。つまり、この金額を得るためには、相応の覚悟が必要となるわけです。

※写真はイメージです。

一方、年間50万円を捻出したいということであれば、そのようなリスクを取る必要はありません。しかしながら、ただ漫然と節約すれば50万円を作れるのかというとそうはいきません(年収にもよりますが)。日々の生活の中で、お金の使い方を常に工夫していかなければ、継続的に余裕資金を作ることはできないのです。

これは日常的な立ち居振る舞いにも関係することですから、実は難易度が高いやり方でもあるのです。リスクは小さいですが、だからといって簡単とは限らないという点に注意が必要です。

結局のところ、大きなお金を作るにせよ、少額のお金を作るにせよ、その目標を確実に達成するためには、それなりの「覚悟」が必要となります。実は、お金と付き合うにあたって、この部分がもっとも重要な考え方となります。

冒頭で、お金はお金のあるところに集まってくるという話をしましたが、この話は少しだけ修正が必要です。お金というものは、「お金に対する覚悟を持った人のところに集まってくる」のです。お金持ちになっている人は、たいていお金に対する覚悟がしっかりしているので、結果的にお金が集まったに過ぎません。周囲から見ると、お金のあるところにお金が集まっているように見えるだけなのです。

金額が小さくてもこの理屈は同じです。

お金というものに対してしっかりとした覚悟を持っている人のところには、必ずお金は近寄ってきます。ある意味でお金という存在は決してあなたを裏切りません。

もし自分がお金に恵まれていないと思える部分があったら、もう一度、自分とお金の付き合い方がどうだったのか見つめ直してください。見えやだらしなさ、強すぎる欲求など様々ですが、お金が離れていく人には、相応の理由があるはずです。

この部分に気付くことさえできれば、お金との付き合い方はかなりラクになるでしょう。

お金を呼ぶ教養塾

【第36回】世の中に「オイシイ話」は転がっているのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第35回】他人へのプレゼントにはお金をかけた方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第34回】豊かになりたければ「怒り」を否定してはいけない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第33回】会食にかかるお金についてどう考えるか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第32回】決断が速いことはなぜ重要なのか

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第31回】お金のセンスをトレーニングするもっとも効率的な方法は?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第30回】お金と見た目の関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第29回】割り勘よりおごりの方がよい理由

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第28回】ありがとうと言える人はお金持ちになれるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第27回】高いモノは良いモノか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第26回】どんぶり勘定の方がお金持ちになりやすい?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第25回】お金はお金のあるところに寄ってくるという話は本当?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第24回】お金はまとまっていると意味がある

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第23回】自分の一生と冷静に向き合ってみよう

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第22回】お金持ちになれる趣味の持ち方とは

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第21回】お金は天下の回り物

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第20回】物事の是非と損得勘定をしっかり切り分ける

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第19回】相関関係と因果関係

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第18回】「そのうち」は永遠にやってこない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第17回】率と絶対値の違いをマスターする

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第16回】「数字」はお金の教養そのもの

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第15回】今現在、1年後、5年後、10年後を同時に考え、30年後は考えない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第14回】金利の意味を知ればお金が寄ってくる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第13回】お金持ちはお金持ちになってお金持ちになる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第12回】時間には値札が付いており、その値段は刻々と変わる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第11回】お金持ちほどお金を使わなくなる話のホント・ウソ

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第10回】消費してよいお金とダメなお金の違い

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第9回】学歴とお金は関係あるの?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第8回】理解と共感の違いを理解できると、自身の経済力は飛躍的に高まる

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第7回】お金を遠ざける思考回路、お教えします

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第6回】経済的自由を得ることの意味

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第5回】お金が貯まらないのは、承認欲求が強すぎるから

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第4回】幸せはお金で買えるのか?

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第3回】年収1000万円では「お金持ちの生活」を送れない

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第2回】お金に縁のある「教養人」は、徹底して資産額を重視する

経済評論家加谷 珪一
  • 投資
お金を呼ぶ教養塾

【第1回】お金に縁のある人は、常に相手の目線で物事を考える人

経済評論家加谷 珪一
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop