※5Gとは、第5世代(5th Generation)移動通信システムの略称です。※上記はイメージ図です。
あしたから使える投資のキーワード

【第5回】2019年は5G元年

松尾 聡

これまで計4回にわたって、「5Gとは何か」(第1回)、「5Gが可能にする未来」(第2回)、そして、「5Gと株式投資」(第34回)についてお話してきました。5Gは、まだまだ先の未来の話と感じられた方も多いのではないか、と思いますので、最終回となる今回は、「2019年は5G元年」というテーマで、今、何が起こっているか、何が起ころうとしているかをお話し、このシリーズの結びとしたいと思います。

商用化スケジュール前倒し?

第2回でお話した5Gが変えていく世界。車や医療の未来の世界は、既に企業が実証実験の取り組みを始めています。
例えば医療の世界。NTTドコモは、和歌山市にある大学病院と山間部にある診療所を5Gでつなぎ遠隔診療を行う実証試験を行いました。これは診療所の患者さんを離れた大学病院で診察するというもので、5Gが高精細な患者さんの画像をタイムリーに送信することで可能にしたものです。
そして、例えば車の世界。ソフトバンクは、新東名高速でトラックの隊列走行を実施しました。3台のトラックが縦に並び、先頭車両のみ有人で運転し、後ろの2台は無人で走行するというものです。これは5Gが先頭車両のアクセル、ブレーキ、ハンドル操作等を後続車両にタイムリーに伝えることで可能にしています。

このような実証実験が進む中、皆さんが5Gを実感する日も徐々に近づきつつあります。日本は東京オリンピックの2020年をめどに商用化ということをお伝えしましたが、日本を始め各国で当初予定していた商用化スケジュールが前倒しになりつつあります。日本の三つの大手通信会社は一部の地域・用途限定ではあるものの、2019年中のサービス開始を予定しています。
また、米国では既に昨年の10月に大手通信会社のベライゾンが、ヒューストン、ロサンゼルス等一部地域で世界初となる5Gサービス「5Gホーム」を開始しています。これはオフィスや家庭で使用するサービスですが、モバイル用では同じく米大手通信会社のAT&Tが昨年12月にサービスを開始しています。
民間での取り組みと同時に各国の政府は、5Gの重要な要素となるキャリアごとの周波数の決定を進めています。米国では昨年11月にオークションを実施済みであり、日本では本年3月の割り当てが予定されるなど、5Gに関連する動きは今後、一段と活発化していく見込みです。

日米を例として取り上げましたが、このような5Gの取り組みは韓国、中国、欧州等世界各国で進められており、2019年は5Gの号砲がなる、まさに5G元年と呼べる年となる見込みです。

5Gが世界を大きく変えていく

「情報は21世紀の石油」とも言われており、この資源である情報をいかに有効に集め、活用していくかが重要になってきます。その役割を担うのが、まさに5Gであり、だからこそ5Gは最近話題のAI、IoT、ロボット等を支える根幹技術なのです。
足元では、米中覇権争いとも言われる国家間の争いが起こっています。中でも、5Gを含めたテクノロジーの分野においては、米国等が中国通信機器大手ファーウェイの製品調達禁止を発表するなどにより、根底はテクノロジーの開発をより優位に進めていくという競争であり、国レベルでもテクノロジーの重要性が認識されている中、5Gの開発・進化はとどまることなく更に加速していく方向にあると考えられます。

通信技術の発展によって多くの人が保有・活用している携帯電話。家に置き忘れてしまった、通信障害で通じなくなってしまった際の不便さや不安感を皆さんも感じたことがあると思いますが、携帯電話は日々の生活に欠かせないものになったといえます。
さて、いよいよ、携帯電話を含め、様々なものが、5Gを通じてつながり、5Gが世界を大きく変えていくものと思われます。そして、5Gで加わるIoTの新たなビジネス領域は2025年には1,300兆円を超える規模との試算もあります。5Gで変わっていく世界を楽しみに待つとともに、その恩恵を5G関連での株式投資でも享受することを考えてみてはいかがでしょうか。5Gの世界は、すぐそこです。

あしたから使える投資のキーワード

【第5回】2019年は5G元年

松尾 聡
  • 投資
あしたから使える投資のキーワード

【第4回】「5G」注目を集める重要な2分野

高橋 一
  • 投資
あしたから使える投資のキーワード

【第3回】「5G」拡大への3段階と投資機会

高橋 一
  • 投資
あしたから使える投資のキーワード

【第2回】「5G」はクルマも医療も変えていく

藤原 麻衣
  • 投資
あしたから使える投資のキーワード

【第1回】最近よく見る「5G」ってなに?

大野 宏央
  • 投資

あなたにおススメの記事

pagetop