メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

広告特集 企画・制作 朝日新聞社広告局

ティファニーとともに幸せな週末を 女と男、二つの物語

クリスマスシーズンにティファニーが贈る、特別なショートストーリー連載。
        シリーズ3年目の今年は、芥川賞作家の吉田修一さんと直木賞作家の角田光代さんが、同じタイトルのショートストーリーを男の視点と女の視点で競作していきます。

角田光代

Story

吉田修一
公開中 第1話「T」 公開中
公開中 第2話「エンゲージメントリング」 公開中
公開中 第3話「キー」 公開中
公開中 第4話「アトラス」 公開中
公開中 web限定ストーリー「メリークリスマス!」 公開中

A talk of Mitsuyo Kakuta and Shuichi Yoshida

―印象に残っているストーリーはありますか?

角田 私がテーマを決めた、世代を超えた男女の物語は、ジュエリーにまつわるストーリーとしては読者に少し不自然ととらえられるかも、という設定です。恋愛ではない愛を描きたかったというのもありますが、この不自然さもまた物語としてはいいのかな、と考えました。そういう意味では少し特別な作品です。・・・

対談の続きは朝日新聞デジタル&w 角田光代×吉田修一 スペシャル対談をご覧ください
Profile

角田 光代

1967年神奈川県生れ。早稲田大学第一文学部卒業。1990年『幸福な遊戯』で海燕新人賞を受賞しデビュー。2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、2005年『対岸の彼女』で直木賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2012年『紙の月』で柴田錬三郎賞を受賞。その他『世界中で迷子になって』『私の中の彼女』『平凡』『笹の船で海をわたる』など多数。

Profile

吉田 修一

1968年長崎県生れ。法政大学経営学部卒業。1997年『最後の息子』で文学界新人賞を受賞しデビュー。2002年『パレード』で山本周五郎賞、『パーク・ライフ』で芥川賞、2007年『悪人』で毎日出版文化賞、大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で柴田錬三郎賞を受賞。その他の著書に『さよなら渓谷』『空の冒険』『太陽は動かない』『愛に乱暴』『怒り』など。

当広告特集に間するご意見ご感想はこちら