現在位置:
  1. asahi.com
  2. 航空特集
  3. 記事

駅ではもう吸えません 関西私鉄5社、春から完全禁煙

2011年1月27日9時58分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 南海電鉄と泉北高速鉄道、山陽電鉄、神戸電鉄、北神急行電鉄の私鉄5社は、今春からすべての駅の構内を終日禁煙にすると26日発表した。関西の大手私鉄5社の中で完全禁煙化に踏み切るのは南海が初めて。

 山陽、神戸、北神急行の各電鉄は3月1日から、南海と泉北高速鉄道は4月1日から実施する。南海はすでに、99駅のうち難波や関西空港など5駅で終日完全禁煙を実施しているが、残りの94駅では喫煙所を設けるなど「分煙」を図ってきた。南海以外の大手4社も分煙方式が主流で、今後について、阪急と近鉄は「利用者の声を聞きながら完全禁煙化を検討する」とし、阪神と京阪は「引き続き分煙を強化する」としている。JR西日本は2009年7月までに京阪神近郊の在来線の全駅を禁煙にしている。

 一方、関東では大手私鉄8社が03年5月に終日完全禁煙に踏みきり、JR東日本も09年4月に首都圏のほぼすべての駅を禁煙にしている。(小河雅臣)

検索フォーム

航空ニュース一覧


朝日新聞購読のご案内