現在位置:
  1. asahi.com
  2. 航空特集
  3. 記事

岩日線50周年のお祝い、所有4車両ぜんぶ連結

2010年11月1日0時37分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 岩国市の第三セクター・錦川鉄道は31日、前身の旧国鉄岩日線の開通から50周年の記念イベントを開いた。同社の所有する全車両4両をつないだカラフルな連結運転や、駅前でのファッションショーがあり、多くの家族連れや鉄道ファンが集まった。

 4両連結運転は2008年12月以来。沿線では多くの鉄道ファンがカメラを構え、昼過ぎに終点の錦町駅に到着すると、降り立った子どもたちが記念撮影を楽しんだ。

 駅前では、岩国市を拠点に全国展開するアパレルメーカー・詩仙堂が「錦川の四季といにしえの世界」をテーマにファッションショーを開催。今夏、沿線住民として車内で観光案内をした「清流線アテンダント」の女性7人もモデルとして参加し、サクラやアユ、モミジ、セツブンソウが描かれた衣装を着て華やかにモデルウオークを披露した。

 田村均・詩仙堂社長は「私も幼い頃に錦町に住んでいた。ふるさとへの思い入れがあって、いつもより力が入った」。錦川鉄道の清水晃一社長は「今後100年、200年と続くよう、一生懸命頑張ります」とあいさつした。

検索フォーム

航空ニュース一覧


朝日新聞購読のご案内