「砂かけばばの実態に迫る」「河童(かっぱ) 奈良から全国へ」――。そんな見出しが躍るネット新聞「奈良妖怪新聞」が今春から月に1回、発行されている。筆者は木下昌美さん(28)。「妖怪話って、人が生きてきた証しのようなもの。消える前に、貴重な言い伝えを救いたい」と奈良の各地で逸話を集めている。

 つい6~7年前まで製造されていた薬草がある。木下さんは奈良県の旧大塔村(現・五條市)で業者を探し出し、この業者の亡き祖父が残した薬草と河童にまつわるメモを見つけた。

 メモによると、僧侶の家の便所から出てくる手を切り取り天井に投げたら、娘が女中に雇ってくれとやってきた。娘は3年ほど働いて「給金はいらないから手を返してくれ」と求め、薬草について教えて姿を消した。その後、僧侶が売り出した薬はよく売れた……。

妖怪文化研究家の木下昌美さん=奈良市不審ケ辻子町

 新聞では、こうした伝承などを紹介している。言い伝えをだれがどのように残してきたのかに興味があるといい、「日本人が持ち続けてきた、見えないものや自然に対する畏怖(いふ)が見える。だからおもしろい」と木下さん。