洋菓子のヨックモックは3月15日、看板商品の葉巻型クッキー「シガール」を抹茶味にした「シガール オゥ マッチャ」を約3カ月の期間限定で発売する。抹茶風味のシガールに、抹茶チョコレートを詰めた。8本入りで税抜き1千円。シガールの新しい味は13年ぶり。国内で要望が多かったことから加えた。

 シガールは1969年発売で、バターの香りと軽い食感が人気。抹茶味は、71年のチョコレート、2000年のミルクティー、04年のカフェオレ(現在は販売していない)以来の商品となる。バターの風味と合う味の開発が難しいという。

 シガールは海外でも人気で、米国や中東、東アジアの57店(1月時点)で販売している。繊細な風味と、個包装が人気という。海外では価格が日本の2~3倍と高いため、訪日客の土産としても需要が多く、空港では限定パッケージも展開している。