松代大本営など「戦争と平和」をテーマに多くの作品を発表している児童文学作家、和田登さん(81)=長野市在住=は今回の衆院解散に暗澹(あんたん)たる思いを抱く。そして、混迷する政治や世界を打ち破るカギを、「理想主義」と考える。

 「地図の上 朝鮮国にくろぐろと 墨を塗りつつ秋風を聴く」

 安倍晋三首相が臨時国会の冒頭で衆院を解散した9月28日、和田さんの頭をよぎったのは、石川啄木が1910年の韓国併合の直後に作った歌だった。和田さんは「日本の権力者に対する啄木の怒り」を表していると解す。そして、「朝鮮国」を「日本国」に置き換えたい衝動にかられたという。