茨城県日立市田尻町2丁目の県営アパートの1室で6日早朝に火災があり、母子6人の死亡が確認された。県警は、この部屋に住む父親で自称会社員の小松博文容疑者(32)を6人のうち1人の女児を殺害したとする殺人の疑いで緊急逮捕し、発表した。

 日立署によると、小松容疑者の妻の恵さん(33)、長男で小学1年の幸虎(たから)君(7)、次男の龍煌(りゅあ)君(5)、双子で三男の頼瑠(らいる)君(3)と四男の澪瑠(れいる)君(3)が焼け跡から遺体で見つかり、長女で小学6年の夢妃(むうあ)さん(11)は搬送先で死亡が確認された。

 小松容疑者は妻と子と7人暮らし。捜査関係者によると、「刃物で刺し、ガソリンをまいて放火した」と話し、家族全員の殺害についてもほのめかしているという。動機について、恵さんから別れ話を持ち出されたという趣旨の説明をしているという。

 署や捜査関係者によると、小松容疑者は6日午前4時半ごろ、自宅アパートで長女夢妃さんを殺害した疑いがある。夢妃さんの遺体には上半身を中心に、鋭利な刃物によるとみられる刺し傷や切り傷が複数あったという。小松容疑者は同日午前5時すぎ、日立署に「(自宅に)火をつけてきた」と出頭してきたという。