大手百貨店各社が1日、来年の初売りで扱う福袋を発表した。スポーツや将棋の手ほどき、こだわりのウェディングなど「体験型」の福袋で話題を集める戦略が目立つ。各社は世相を取り込みつつ、他店との差別化に知恵を絞っている。

 松屋銀座は1月2日の初売りで約400種類、約3万個の福袋を販売する。「目指せ9秒台!」と銘打ち、元陸上選手の為末大さんのかけっこスクール「TRAC」(東京都江東区)でレッスンを受けられる福袋は15人限定で、税込み2万円。店頭で足に合ったシューズ選びもしてくれる。

松屋銀座は、元陸上選手の為末大さんにかけっこを教わることができる福袋を売り出す

 「体験型」は前年の13種類から37種類に。体験に必要なモノと組み合わせた「百貨店ならでは」(担当者)のセットを増やした。

 高島屋も全国19店舗で1月2日に初売りをする。目玉は中学生棋士、藤井聡太四段の師匠、杉本昌隆七段と対局できる福袋だ。小学生30人限定で、関東の9店で抽選販売する。15人ずつの多面指しと講義が受けられる。プロフィギュアスケーターの織田信成さんからスケートの手ほどきが受けられる小学生40人限定の福袋も用意した。いずれも税込み2018円。

 そごう・西武の西武池袋本店は1日から約1500種類、約15万個を販売する。西武鉄道の観光列車「52席の至福」を貸し切りにして披露宴ができる福袋を限定1組、同201万8千円で売り出す。池袋―西武秩父駅間を往復し、26人分の料理や新郎新婦のレンタル衣装、引き出物などを含む。(高橋末菜)