全国の小学生が「未来にあったらいいな」と思うアイデアを競うホンダ主催のコンテストで、「食べるだけで病気を治すハンバーガー」が最優秀賞に輝いた。チーズバーガーが大好きな10歳の少年の着想にヒントになったのは……。

 「子どもアイディアコンテスト」は、夢を抱き、挑戦することの素晴らしさを感じてもらおうと、同社が2002年から開く。今年は6309作品の応募があった。子どもたちはアイデアを絵に描いて応募。一次審査を通過した子どもが立体作品作りに挑んだ。

 高学年の部で頂点に立ったのは、三重県桑名市立多度中小学校5年の大橋涼太さん(10)の「食べて病気を治すハンバガンバ!」。

 ハンバーガー形のロボットで、パン形のカメラやレタス形の丸ノコギリ、ハンバーグ形の移植肉、チーズ形のばんそうこうなどからなっている。丸ノコで悪い部位を切り取り、肉を移植したり、ばんそうこうをはったりする。直径約50センチの拡大模型は、新聞紙や段ボール、布などで作った。

 アイデアを考えるのも、モノを作るのもどちらも好きという大橋さん。着想を得たのは、「桑名駅前にあるドムドムハンバーガーで、いつもチーズバーガーを食べていたから」。

 最終審査に残った子どもたちが選ぶ「キッズ大賞」にも選ばれ、大橋さんは「二つもとれるとは思ってなかった」と喜んだ。

 作品作りは、桑名市のNPO法人「子どもアイデア楽工」が指導した。

 山上敏樹理事長(59)は「考えたものを形にするのが得意。デザイナー系の要素が強い」と評価するが、大橋さんの将来の夢は卓球選手だという。(深津慶造)