自作の火炎放射器を公園で使ったとして、神奈川県警横須賀署は22日、横須賀市の派遣社員の男(20)を軽犯罪法違反(火気の乱用)の疑いで書類送検し、発表した。容疑を認めているという。

 署によると、昨年8月12日と9月24日、横須賀市公郷町5丁目の公園内で、自作の火炎放射器を使用した疑いがある。男はホームセンターで購入した資材などを使って、銃のような形の火炎放射器(長さ60センチ弱)を製造。燃料は灯油で、引き金を引くと約2メートルの炎が出るという。

使用された火炎放射器=神奈川県警提供

 男は、火炎放射器を使う様子を撮影した動画を投稿サイト「You Tube」に投稿。署が発見した。男は「多くの人に見せて自慢したかった。もっと性能を高め、ネットで売ろうと考えていた」と話しているという。(鈴木孝英)