トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、シンガポールで初めて会談しました。トランプ氏は会談後の会見で「二国間の新たな歴史を始め、新たな章を書く準備ができた」と表明。日本の拉致問題についても会談で言及したことを明らかにしました。史上初の米朝首脳会談の模様をタイムラインで追います。米国や朝鮮半島に詳しい記者の解説もお届けします。(表記は日本時間)

■トランプ氏、シンガポールを発つ(19:30)

 トランプ氏は大統領専用機「エアフォースワン」でシンガポールを後にした。AP通信によると、「これ以上することがない」として、帰国予定を早めたという。

入管当局前に集まった北朝鮮の女性たち。北朝鮮系レストランの従業員とみられ、胸には金日成主席や金正日総書記のバッジをつけていた=12日午前、中国遼寧省丹東、平賀拓哉撮影

■トランプ氏の会見、1時間5分で終了(18:20)

 トランプ氏の会見は1時間5分に及んだ。記者から質問は絶えなかったが、最後は打ち切って、記者席に右手を上げて会見場を去った。

■「今まで日朝で何もしてこなかったのか」辻元氏(18:02)

 立憲民主党の辻元清美・国会対策委員長はトランプ氏による拉致問題提起について、「言及されたことはよかったと思います。ただ中身ですよね」と発言。「これから日朝の協議をするというようなことも安倍総理はおっしゃっていたが、そしたら今までは、日朝では何もしてこなかったのかしらって。ちょっとそこがですね、不可解なんですよ」と話した。

米朝首脳会談を報じるシンガポールの新聞=12日午後、深津英明撮影

■安倍首相「支持する」(17:56)

 安倍晋三首相は米朝首脳会談について、「朝鮮半島の完全な非核化に向けた、金正恩委員長の意思を改めて文書の形で確認した。このことを、北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的な解決に向けた一歩だと支持いたします」と述べた。また、「拉致問題について先般トランプ大統領に対して私からお話をしたことを、しっかりと言及していただいたことを評価」するとした。

 拉致問題が合意文書に触れられていない点については、「最終的に解決していくのはまさに日本の責任において二国間の問題として、日朝で交渉しなければならない問題」とした。

■北朝鮮の非核化費用、「韓国と日本が払う」(17:55)

シンガポールで12日、米朝首脳会談後の記者会見を打ち切って、右手をあげて会場を後にするトランプ米大統領=ランハム裕子撮影

 トランプ氏は米朝首脳会談後の会見で、今回の会談での合意を受けて、米国のポンペオ国務長官やボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)らが北朝鮮の高官と「来週会う」と表明した。

 一方、北朝鮮の非核化にかかる費用については、「韓国と日本が払う」と述べた。

■トランプ氏「日本の拉致問題を提起」(17:34)

 トランプ氏は記者会見で、日本の拉致問題について言及。「安倍首相にとって重要な問題だ。(金正恩氏に)提起した。合意文書には盛り込まれなかったが、今後協議する」と述べた。

■トランプ氏、「戦争ゲームをやめる」(17:15)

 トランプ氏が記者会見場に姿を現した。金正恩氏との首脳会談について「二国間の新たな歴史を始め、新たな章を書く準備ができた」と表現。さらに、韓国との合同軍事演習を念頭に、「戦争ゲームをやめる。膨大な量の金を節約できる」と述べた。

■会談を報じた新聞が届く(16:40)

 各国報道陣が取材拠点にしている国際プレスセンターに、この日の米朝首脳会談の様子を報じた新聞が届いた。1面には両首脳が握手した写真を大きく掲載。会談に至るまでの道のりをジェットコースターに例えたイラストなどで報じた。

■韓国では早くも軍事境界線の不動産に熱視線(解説)

 (朝鮮半島に詳しい桜井泉記者)

 米朝首脳会談がひとまず成功し、韓国の人たちは一安心の表情です。北朝鮮との軍事境界線近く、ソウル北方の京畿道に早くも注目が集まっています。

 「北朝鮮との交流の拠点になるので、アパートが値上がりするかもしれない。今のうちに買っておいたらどうだろうか」。気の早い知人夫婦の間ではそんな会話が交わされているとか。

 韓国で人気が高いソウル市南部の江南地区は、3LDK(約100平方メートル)のアパートが日本円で約1億5千万円もしますが、京畿道なら4千万円ほどです。「これなら夫婦共働きで何とか買えます」と知人は話します。

 あす13日は韓国で統一地方選が行われます。日本の教育委員長に相当する教育監も選挙で選ばれます。

 ある革新(進歩)系の教育監候補は「南と北が鉄道でつながれば、北朝鮮はもとより、シベリア、モスクワ、ヨーロッパまで行けるようになる。子供たちの修学旅行の夢が広がる」と語り、文在寅(ムンジェイン)大統領の北朝鮮政策を称賛し、自らへの支持を呼びかけています。

■署名時の写真から合意内容が……(16:30)

 米朝首脳会談で、トランプ氏と金正恩氏が署名した文書の内容は明らかになっていない。ところが、トランプ氏は署名後に文書をカメラに向けて見せた。その画像によると、文書にはおおむね以下のようなことが書かれていた。

 ・トランプ氏は北朝鮮の安全を保証し、金正恩氏は朝鮮半島の完全な非核化を約束する

 ・相互に信頼し、非核化を進める

 ・新しい米朝関係を築く

 ・平和体制の構築に努める

 ・4月の「板門店宣言」を再確認し、北朝鮮は非核化に努める

 ・両国は捕虜や行方不明兵の遺骨回収に努める

 ・米朝首脳会談は画期的で新しい未来を始めるものだと認識する

 ・ポンペオ米国務長官と北朝鮮高官がフォローする交渉をできる限り早く開く

■「北朝鮮の政策変更に期待」菅官房長官(16:16)

 菅義偉官房長官は会見で、トランプ氏の会見前に米朝首脳会談への評価はしないとした。その上で、「本日の会談を踏まえ、北朝鮮が国際社会の責任ある一員として、政策を変えていくことを期待している」とした。

 また、拉致問題については「引き続きトランプ大統領及び国際社会と連携していく」とし、「やはりわが国自身が北朝鮮と直接協議をして解決する、総理が金正恩委員長と直接交渉する、その決意には変わりはない」とした。

■韓国大統領「韓(朝鮮)半島の問題は、私たちが主人公だ」(解説)

 (朝鮮半島に詳しい桜井泉記者)

 「韓(朝鮮)半島の問題は、私たちが主人公だ」。韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、米朝首脳会談を前に11日、国民に向けて発言しました。この言葉には、周辺の大国に翻弄(ほんろう)されてきた朝鮮半島の「苦難の歴史」が刻まれています。

 19世紀末の日清戦争、20世紀初めの日露戦争は朝鮮半島の支配をめぐる周辺大国の争いで、朝鮮半島が戦場になりました。結局、1910年に日本が朝鮮半島を植民地とし、35年間の支配が続きました。

 第2次世界大戦後、半島の北は旧ソ連、南は米国が占領。48年にソ連の支援で朝鮮民主主義人民共和国、米国の支援で大韓民国が建国されました。そして50年、南北が戦火を交わします。米ソ冷戦のまっただ中、南北の衝突は、東西陣営の「代理戦争」でもありました。

 昨年、夏には米国による北朝鮮への軍事攻撃の可能性も取りざたされ、再び、緊張が高まりました。文大統領は8月15日、日本統治からの解放を祝う「光復節」の記念式典の演説で「半島の問題は我々が主導的に解決すべきだ」「再び半島での戦争は許されない。韓国の同意なしに軍事行動は決定できない。政府は全てを賭けて戦争だけは防ぐ」と強調したことが思い出されます。

 朝鮮半島の問題は、大国に振り回されず、自分たちで決める。多くの韓国国民もうなずいています。

■金正恩氏、宿泊先のホテルに戻る(15:15)

 米朝首脳会談の会場を離れた金正恩氏は、車で宿泊先のホテルに戻った。トランプ氏と別れる際、互いに「また会いましょう」と話したという。

■両首脳が合意文書に署名(14:39)

 米朝両国の国旗が飾られた部屋に、トランプ氏と金正恩氏が肩を並べて入室。トランプ氏は両国の合意が「とても重要で包括的な文書だ」としたが、具体的な内容については説明しなかった。

 正恩氏は「世の中は、おそらく重大な変化を見ることになる」と話した。ただ、4月の南北首脳会談のような破顔一笑はなく、両氏とも緊張感を表情に残していた。

 握手を交わすと、トランプ氏は「オーケイ」と気合を入れるように一言。互いに文書に署名をすると、再び握手した。トランプ氏は「サンキューベリーマッチ」と言って肩をたたき、互いに背中に手を当てながら部屋を出た。抱擁はしなかった。

 トランプ氏は午後5時から会見をする予定。

■金正恩氏、会談は「SF映画のファンタジー」(解説)

 (朝鮮半島に詳しい桜井泉記者)

 きょう午前、トランプ氏との一対一の会談を終えた後、金正恩氏はこんな風に語りかけたそうです。

 「世界中の多くの人々は、これをSF映画のファンタジーだと思っているでしょうね」

 北朝鮮では、ハリウッド映画など西洋の映画は簡単には見られないはずです。ただ、正恩氏の父親、故・金正日氏は映画好きで知られていました。

 12日の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の朝刊1面は、金正恩委員長が前夜、シンガポールを視察した写真14枚を掲載しています。随行員を従え、散策する正恩氏の写真に交じって夜景の写真も数枚掲載されていますが、まるでSF映画の一場面のようです。

 そういえば、正恩氏が昨夜視察したシンガポールの植物園は、2009年に公開されたSF映画「アバター」の世界にそっくりだと旅行者に評判だそうです。正恩氏の発言には、前夜の美しいシンガポールの夜景が影響したのかもしれません。

■トランプ氏「署名に行ってくる」(13:38)

 トランプ氏と金正恩氏は昼食会を終了。トランプ氏は「誰もが考えられないほどの進展がみられた。署名にこれから行ってくる」と話した。米朝が何らかの合意に至った可能性がある。

 両氏は通訳を交えて立ち話を続けた後、握手をして別れた。トランプ氏は親指を立て、正恩氏は笑顔を浮かべた。

■肩たたき合って喜ぶ北朝鮮人たち(解説)

 (北朝鮮国境に近い中国・丹東で取材する平賀拓哉記者)

 丹東の入管に午前10時ごろ、北朝鮮人の男女が急いだ様子で入ってきました。胸には北朝鮮の金正恩氏の父、金正日(キムジョンイル)総書記のバッジをつけています。

 やがて、入国手続きを終えた北朝鮮人男性が現れました。こちらの胸には祖父の金日成(キムイルソン)主席と正日氏が並んだ大きなバッジ。出迎えた男性はまず、「聞きましたか? 金正恩同志がアメリカの大統領と会いましたよ! すみません、自宅でテレビを見ていて迎えに来るのが遅れてしまいました」と興奮した様子で話しかけました。

 すると相手の男性は、「本当にすばらしいことだね!」と答え、お互いに肩をたたき合って満面の笑みを見せていました。

 北朝鮮の人々は米国を「米帝」、米国人を「アメリカの野郎」と呼んで敵視してきました。現在は一転して米朝接近を歓迎するムードが広がっています。国の方針に沿って喜んでいるとも考えられますが、切実な理由もあります。

 核開発に対する経済制裁で、中朝貿易が低迷しているためです。

 北朝鮮は制裁で石炭や鉄鉱、海産物、衣料品などを輸出できません。ガソリンなど石油精製品の輸入制限も痛手となっています。今年に入って中朝貿易の輸出入額は毎月、前年同月比の半分以下に落ち込んでいます。

 外貨稼ぎのノルマを課せられた北朝鮮の駐在員の多くは昨年、制裁で売れる物がなくなり途方に暮れていました。生活費を抑えるために家族を本国に帰した人も相次いだそうです。米国との関係改善は、彼ら自身の悲願でもあります。