私の一枚

「モーニング娘。」を一緒に頑張った同期は宝物 新垣里沙さん

  • 2017年2月13日

新垣里沙さん(中央)の結婚披露パーティーにかけつけた「モーニング娘。」同期の小川麻琴さん(右)、高橋愛さん(右から2人目)。左は夫で俳優の小谷嘉一さん=2016年7月16日撮影

  • 「モーニング娘。」を卒業後は舞台一筋の新垣里沙さん

  • 新垣さんが出演する舞台「ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~」

[PR]

 これは、昨年夏、私の結婚披露パーティーに「モーニング娘。」同期の小川麻琴ちゃんと高橋愛ちゃんが駆けつけてくれた時の一枚です。紺野あさ美ちゃん(こんこん)は仕事で来られずとても残念でしたが、この日は多くの仲間が来てくれてとっても幸せな一日となりました。特にパーティーで「ハッピーサマーウェディング」を一緒に歌い、セリフをうちの旦那さんバージョンでパフォーマンスしてもらったのは、忘れられない思い出です。

 私がグループに入ったのは12歳の時。幼い頃からずっと憧れていて、ダンスも歌もできないのに、とにかく「モーニング娘。が大好き!!」という気持ちだけでオーディションを乗り切った。あれは恐れを知らぬ年齢だからこそできたことで、選んでくださったつんく♂さんには本当に感謝しています。

 しかしうれしかったのはほんの一瞬。入ってみると甘くなかった。実は愛ちゃんもこんこんもダンスやバレエの基礎をやっていて、なんの武器もないのは私だけ。当初は同期4人だけのレッスンでしたが、ぼうぜんとしました。先輩たちと一緒にレッスンするようになった当初も「新垣だけできてない。もう一回!」と怒られてばかり。でも、やめたいと思ったことは一度もありませんでした。メンバーやスタッフは厳しいけれど愛情も強く、しっかり教えてくれるし、怒られてもその気持ちが伝わってくる。ここで鍛えてもらったおかげで、ダンスの振り付けも、セリフを覚えるのもすごく早くなりました。

 ずっと「モーニング娘。」一筋でしたが、それだけに5年目に同期がいきなり2人同時に卒業した時にはショックを受けました。自分もずっとグループにいるわけにはいかないんだと気づき、そこから「何か見つけたい」と思うようになりました。そして卒業する少し前、役者として舞台に立った時に「これだ!」と確信したんです。今まで歌を通して自分を発信していたんですが、舞台監督に自分がそれまで出したことのない感情を引き出されたことが新鮮でした。自分ではない人になって、セリフを通してメッセージを送ることにやりがいを感じ、「私は役者になろう。また一から挑戦しよう」と思ったんです。

 卒業後は役者一本で多くの舞台に出ています。特に昨年、昼と夜にミュージカルと芝居の別の舞台のダブルヘッダーを1カ月間休みなしに演じたことで、非常に自信がつきました。厳しい稽古や指導も前向きにとらえられるのは「モーニング娘。」時代があったからこそ。それが今の私の支えになっているし、大変な日々の中で一緒にがんばった戦友のような同期の仲間は宝物なんです。

 最近、舞台で先輩の女優の方々とご一緒して思うのは、役者はいくつになっても、その年齢ならではの輝きが加わりキラキラしている方が多いこと。私も努力して、年齢を重ねるごとに輝く女優になりたいですね。

    ◇

にいがき・りさ 1988年生まれ。女優。12歳の時にオーディションでアイドルグループ「モーニング娘。」に加入。7代目リーダーをつとめ、2012年に卒業。現在は舞台作品に意欲的に出演中。

◆新垣さんが出演する舞台「ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~」が全国4都市で上演される。スーパーファミコン向けの大ヒットソフト『ロマンシング サ・ガ』シリーズが原作。せりふと殺陣が一体となり、舞台上での演出効果を高めていく「アクションプレイ」で新たなジャンルを創造する演劇ユニット「30-DELUX」の公演。キャストには代表・清水順二をはじめとする「30-DELUX」のメンバー、緒月遠麻、中村誠治郎、馬場良馬、村瀬文宣、長谷川かすみ、山本ひかる、新垣里沙、笠松はる、佐藤アツヒロなどが出演。4月15日から東京・池袋のサンシャイン劇場にて。その他、大阪、名古屋、福岡にて公演。

「これまでの私は『誰かを守る強い役』が多かったのですが、今回の役は、姉に守られる妹役。ただ自分も強い部分があるので戦いたいと思っていたら、『里沙ちゃんに殺陣をやらせたい』という話が演出家からあるようでして……(笑)。30-DELUXの舞台は今回で3回目ですが、音楽と光のコラボがアトラクションを見ているようでものすごく華やか。その中で妹サラとして生き、私らしい存在感を出していきたいですね」

(聞き手:田中亜紀子)

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!