走るための道

池を中心に様々に楽しめる坂田ヶ池総合公園 宮地藤雄さんおすすめ

  • 坂田ヶ池総合公園(千葉県成田市)
  • 2017年2月17日

木漏れ日の中、サクサクと落ち葉を踏みしめて走る

  • 大きな芝生広場が広がり、大人も子供も思い切り走りまわれる

  • 大きなローラー滑り台は子供たちのお気に入り。子連れでも安心

  • 適度なアップダウンが続くのでクロスカントリートレーニングにもマラソンのための走り込みにもオススメ

  • 坂田が池に沿うように道が走っています。水辺を走るのは気持ち良い

[PR]

 もうすぐ3月。春の足音が聞こえてきました。だんだんと走りやすい季節へと向かっていきますね。せっかくならランニングを通じて春の訪れを感じてみるのはいかがでしょうか?

 これからは日を重ねるごとに落ち葉と枯れ枝の森が徐々に緑へと色づき、足元からはいろいろな花が咲き始めます。そんな場所を走れば、自然と気持ちは優しく温かい気持ちになるもの。「今年こそは!」と決めたもののなかなか走り出せない。走り始めたけれど、走る習慣が身につかない、なかなかお気に入りのコースが見つからない。そんな方にこそ、春は最高の季節ですし、今回ご紹介する場所へ足を運んでいただきたいです。

 ここは千葉県成田市にある坂田ヶ池総合公園です。隣接する県立「房総のむら」と組み合わせてたくさんのルートバリエーションを取ることが出来るのが魅力。1kmから最大4kmほどのループを作って走ることが出来ます。中心にあるのは公園の名前にもなっている坂田ヶ池。ここでは釣りやバードウォッチングが盛んです。1年を通じて様々な野鳥がおり、走りながらでもいろいろな鳥を見つけることが出来ます。走り疲れたら野鳥観察で一休みもいいですね。

 ランの起点になるのは公園入り口近くにある駐車場。自販機と大きなトイレがあります。ここを起点に園路、散策路、芝生広場などを走ります。園内は舗装路、不整地、芝生、階段、いろいろな路面があるのでクロスカントリーのトレーニングとしても、これからトレイルランを始めようと思っている方にもおすすめです。ルートの取り方でビギナーから経験者まで楽しめますし、何より施設が充実しています。全長78mのローラー滑り台、BBQ場、キャプ場、コインシャワーもあるので走った後に汗を流せますし、家族や友人たちと来ても十分に楽しめます。もう少し暖かい時期になれば、キャンプをしてアウトドアライフを満喫しながら、ちょっとしたランニング合宿も出来そうです。アイデア次第でいくらでも楽しめるのがこの公園の魅力。

 園内には自動販売機しかないので、必要物品を買い込んで車で訪問するのがオススメ。電車でアクセスする場合は、JR成田線で成田駅から1駅乗った下総松崎駅から徒歩15分ほど。下総松崎駅前にもコンビニなどはありませんので食べ物は持参することをオススメします。

 ここまで大きな公園とは行かないまでも、少し足を伸ばせば意外と公園はあちこちにあるものです。季節を感じ、景色を楽しみながらパークランニングを楽しんでみては。

    ◇

宮地藤雄(みやち・ふじお)
神奈川県逗子市在住のトレイルランナー。トレイルランニングを通じてスポーツの楽しさと普及に努めています。Mountain Running 2013~15年日本代表、「逗子で走ろう!」RUNNING ZUSHI代表、FUJIO PROJECT代表、Jr TRAIL RUNNING主宰。

 今回紹介したコースの詳細はこちら

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns