私の一枚

リアルダビデ像の生々しい迫力に驚き 向井理さん

  • 2017年3月13日

2014年にBS-TBSで放送された番組「塩野七生×向井理『魅惑のイタリア大紀行』」の取材中のひとコマ。フィレンツェのアカデミア美術館にて、ミケランジェロ作のダビデ像の前で

  • 30代半ばになった俳優の向井理さん。今回のドラマでは最年少の出演者になる

  • 3月25日(土)と26日(日)、2夜連続でテレビ朝日系列で放映されるドラマ「そして誰もいなくなった」

[PR]

 3年前にドキュメンタリー番組の撮影でフィレンツェを訪れました。早朝、ダビデ像が展示してあるアカデミア美術館に行って取材したのですが、扉をあけたらド~ンとこの像があって、大きさにすごく驚きました。4メートルぐらいあり、血管などの細部までリアル。正直、気持ち悪くなったほど(笑)。

 後ろに回ると、お尻の部分がものすごくきれいで、「かっこいいな」という僕に、ご一緒した作家の塩野七生さんは「それは若い人の感想ね」と。彼女は当時、70代半ばで「私はこういう体を見ると嫉妬する。自分もこれぐらいの肌の質感だった時もあるのにと、すごくうらやましく思うのよ」とおっしゃったのを聞き、見る時の年齢によって、見え方や感じ方が変わると興味深かったです。

 フィレンツェは昔からの大聖堂や寺院がそのまま残り、何げなく歴史的な彫刻があったり、昔の建物をそのまま現代の生活に使っていたり、タイムスリップしたような不思議な感覚をおぼえる街です。番組では「ルネサンス」がテーマだったのですが、同じ時代に、ミケランジェロ、レオナルド・ダビンチ、ラファエロという偉大な芸術家が同じ場所に存在していただけでもすごいのに、一緒にごはんを食べたり、討論したりしていたのかと思うと、奇跡のような時代だと思いました。イタリアの歴史に詳しい塩野さんが「その時ここでダビンチがこう言ったらミケランジェロが怒って帰っちゃったのよ」などと、まるで昨日のことのように、そして自分が見てきたかのように教えてくださった。塩野さんは「昔の恋人」とおっしゃっていましたが、自分の知り合いのように彼らの生活を教えてくれたことで、僕の中に情景がリアルに浮かび、こういう説明の仕方があるのかと、とても勉強になりました。

 またフィレンツェは食べ物がおいしくて。特にダビンチが食べていたという、固くなったパンを削ったものをトマトソースで煮込んだ、パッパアルポモドーロが最高。トマト粥(がゆ)のようなもので、何杯もいけるほどおいしくて。ローマ帝国が拡大していく時に、ぶどうとオリーブの木をどんどん植えていったと聞いて、イタリアワインにも非常に興味を持ちました。僕はこの仕事でフィレンツェがとても気に入ってしまい、翌年プライベートで友人と再訪し、1週間で4キロも太ったほどです(笑)。

 海外に仕事で行った時には、その国の文化を伝えるのはもちろん、日本との違いも見つけるよう意識しています。これまで公私共にいろんな国を旅してきましたが、つくづく日本人には気遣いがあり、いろんな文化を柔軟に採り入れた平和な国だと感じます。

 僕にとって旅とは、自分を見つめるぜいたくな時間。特に仕事で訪れると多くの知識を得られるので、なるべくそういう機会はお受けしたいと思っています。今、自分で温めている海外ものの企画を今度提案してみようかな。

    ◇

むかい・おさむ 俳優 1982年神奈川県生まれ。2006年にデビュー。「S -最後の警官-」「遺産争族」など多くのドラマ、劇場版SPECシリーズや「きいろいゾウ」「小野寺の弟・小野寺の姉」など映画もさまざまな作品に出演している。6月24日(土)公開の「いつまた、君と~何日君再来~」にも出演している。

◆向井理さんが出演するドラマ「そして誰もいなくなった」が3月25日(土)、26日(日)の2夜連続夜9時からテレビ朝日系で放送される。1939年の発売以来、全世界で1億部以上を売り上げているアガサ・クリスティの不朽の名作を、日本で初めて映像化。絶海の孤島にあるホテルに招待された10人の客が一人、また一人と殺され、ついに全員が殺されてしまうミステリー。仲間由紀恵さんを主演に、豪華俳優陣がそろう。監督は「相棒」の和泉聖治氏。向井さんの役は、元ボクサーの人気新進ミステリー作家だ。

出演:仲間由紀恵、沢村一樹、向井理、柳葉敏郎、余貴美子、荒川良々、國村隼、藤真利子、大地真央、橋爪功、津川雅彦、渡瀬恒彦

「最近、ドラマでは僕より年下の俳優さんとの共演が多いのですが、今回は僕が最年少。30代半ばで、新人の頃の気持ちを思い出させていただき、とても新鮮でした。豪華な顔ぶれの先輩たちに囲まれたことを逆手にとって、僕はある意味若気の至りと、思いっきりやってみようと演じました。そうしたら、渡瀬恒彦さんに『君、本当に遠慮しないね』と言われてしまいました(笑)。

(聞き手:田中亜紀子)

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!