銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」が誕生

  • 2017年4月14日

【パノラマ写真】「GINZA SIX」プレス内覧会=高橋敦撮影

  • 6Fの「銀座 蔦屋書店」はオープニングに合わせてアート展を開催。いずれはイベントスペースとして運営していくという

  • B1Fのビューティフロア。キャビン(個室)型の店舗が約3分の1を占めているのが特徴

  • 「THE GRAND GINZA」イベントのメインゲスト、モデルの森星さん。「インテリアをはじめ、細部にまでこだわりのあるこの空間を楽しみたい」

  • 屋上の庭園は23時まで一般来場可能。水場は循環式で、夏には清涼感を楽しむことができる

  • 銀座通り側のGINZA SIX外観。ひさしとのれんをイメージしたデザインになっている

[PR]

 東京・銀座6丁目にエリア最大となる商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」が誕生。4月20日のオープンを前にプレス内覧会が14日に開かれ、蔦屋書店をはじめ各店舗や屋上庭園、大規模オフィスなどが公開された。最上階にある多目的ラウンジではオープニングパーティーが開かれ、モデルの森星さんらがゲストとして登壇した。

「GINZA SIX」各フロアの写真はこちら

 「GINZA SIX」があるのは、2013年に閉店した松坂屋銀座店の跡地。隣接地区を含む2ブロック区画を一体的に再開発し、敷地面積約9080平方メートル、延べ床面積約14万8700平方メートルと、銀座エリア最大の複合施設に生まれ変わった。

 13階建ての施設の地下2~地上6階と13階の一部は商業施設、7~12階と13階の一部はオフィス、地下3階には文化・交流施設として「観世能楽堂」が入る。屋上に設けられた庭園「GINZA SIXガーデン」からは周辺の景色が一望できる。

 施設の象徴となる吹き抜け空間には前衛芸術家・草間彌生が「GINZA SIX」のために制作したアート作品が飾られている。

 商業施設には241の世界ブランドが出店。6階にはアートと日本文化を主題に商品と空間を構成した蔦屋書店がオープンする。

 2ブロックの間を通っていた区道を外側につけ替えることによって、正面中央通りの反対側に観光バスの乗降所を設け、そのそばにある「ローソン」では、観光案内や外貨両替、手荷物一時預かり・宅配、お土産を扱う。(文・&M編集部 村上耕司、撮影・山田敦士)

「GINZA SIX」各フロアの写真

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!