「ポール・スミス コレクション」で彩る、優美な大人の旅の装い[PR]

  • 2017年5月15日

(写真1)スーツ¥220,000、シャツ¥26,000、ポケットチーフ¥5,000、ベルト¥18,000

 英国を代表するデザイナーであり、日本でも人気の高いポール・スミスは、クラシックな紳士服をベースにしつつ、そこにさまざまな“遊び”を加えていく。クルマやスポーツ、音楽などライフスタイルをイメージソースにしたカラフルなデザインは他の追随を許さない。

 1990年に誕生したハイエンドライン「ポール・スミス コレクション」の今季のテーマは「Paul’s Travels」。一年の多くを旅に費やすほど多忙なジェットセッターの経験を生かし、自らの旅のスタイルや訪れた場所から得たインスピレーションをデザインに反映している。

(写真2)スーツの裏地にはビビッドな水玉柄が

 例えば黒にベージュのストライプをあしらったピークドラペルのスーツ(写真1)。ウールとシルク混紡の上質な素材、英国らしい構築的なデザインに、ジャケット、パンツともにバインディングテープがあしらわれている。ジャケットの裏地に施された大きな水玉柄にもデザイナーの個性が生きる(写真2)。インナーにはリネン100%のホリゾンタルカラーシャツ。モード感を巧みに取り込んだスタイリングは、リゾートでのパーティーでも活躍するだろう。

(写真3)ジャケット¥60,000、ニットポロシャツ¥24,000、パンツ¥24,000

(写真4)シャツ:¥28,000、パンツ:¥22,000、ベルト:¥18,000(すべてポール・スミス コレクション)、サングラス:¥38,000(ポール・スミス スペクタクルズ)

 ジャケットは清涼感を醸し出すコードレーン(写真3)。アイボリーのポロシャツがカジュアルな雰囲気を、シャープなラインのブルーグレーパンツがほどよい緊張感を演出している。

 一枚で主役になるシャツやTシャツは、モロッコのマジョレル庭園やイタリアのトスカーナ地方、生まれ故郷のノッティンガムなど、ポールが愛するデスティネーションがモチーフになっている。麻100%のシャツには庭園に咲き乱れる花をプリント(写真4)。

 ショートスリーブはさらに鮮やか。モロッコのエキゾチックなタイルや麦わら帽子、トスカーナの海沿いの街チンクエ・テッレやノッティンガムの建物などがプリントされている(写真5)。また、Tシャツにはホテルのロビーやパティオ、クラシックなルームキー、トロピカルフラワーとスイミングプールやバーなどの案内板が(写真6)。どれもリゾート感満載だ。

(写真7)ハット¥24,000、ストール¥16,000、ベルト各¥22,000、ネクタイ各¥12,000、ボウタイ¥10,000、シューズ¥80,000(すべてポール・スミス コレクション)、サングラス¥33,000(ポール・スミス スペクタクルズ)

 小物も充実している。ベージュや茶をベースにしつつ、パラソルのイラストをあしらったボウタイ、フラワープリントのタイ、マルチカラーストライプのリネンストールなどが華やかさを添えてくれる(写真7)。

 ポール・スミスの目で切り取られた異国の風景は、エキゾチックでありながら同時にノスタルジック。優雅な夏の旅をあしらったサマーコレクションで、リラックスした大人のリゾートスタイルを発見してみたい。

■お問い合わせ
ポール・スミス リミテッド
電話:03-3478-5600

Photograph: Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC),
Styling: Masahiro Tochigi(quilt),
Hair & Make-up: RYO(COME HAIR)
Text:Mitsuhide Sako(KATANA)
Direction: AERA STYLE MAGAZINE

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!