オトコの別腹

カチカチに凍らせ、風呂上がりにビールを飲んだ後に食べる 久保田雅人さん

  • 「港常(みなつね)」の「あんずボー」
  • 2017年6月14日

「港常」のあんずボー

  • 久保田雅人さん

[PR]

 私が育ったのは東京都新宿区下落合。近所に駄菓子屋が3軒あって、放課後はそのどこかに友達と集合したものです。駄菓子屋では社会性を培いました。お菓子を値切ったこともあれば、何度やっても当たりの出ないくじからは、大人のずるさを学びました。

 そんな駄菓子屋で定番だったのが「あんずボー」。スティック状の袋の中にシロップとアンズの果肉が入っていて、凍らせて食べるんです。今でもスーパーやホームセンターで見かければ購入します。果肉が均等になるようによーく振って、寝かせた状態で冷凍庫へ入れるのがコツですよ! 我が家では夏場、カチカチに凍らせて常備しています。風呂上がり、ビールを飲んだ後に最適な甘酸っぱさです。

 長年子どもたちに工作を教えてきました。昔はどの家庭にもあって材料に使っていたけれど、今ではなじみの薄くなったものがあります。例えばカメラのフィルムケースなんかですね。時代の流れを感じます。その点、あんずボーはいつまでも変わらず楽しめる、いいお菓子です。

    ◇

 くぼた・まさと タレント。NHKの子ども向け番組「つくってあそぼ」に2013年まで23年間、「ワクワクさん」役として出演。放送終了後も全国各地で開催される工作教室に出演。

 ◆「港常」のあんずボー 東京、神奈川、千葉、埼玉を中心にスーパーなどで販売。1袋5本入り120円(参考小売価格)。電話:港常(03-3841-0168)。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!