香川真司らが次世代にエール タグ・ホイヤーがサッカーの若手応援プロジェクト

  • 2017年6月29日

【動画】香川真司選手らが出席したキックオフイベント=佐藤正人撮影

  • 左から中澤佑二、香川真司、中山雅史の各選手。

  • 3選手と受賞者に贈られるトロフィーと高級腕時計

[PR]

 サッカー・Jリーグのオフィシャルタイムキーパーで、スイスの高級腕時計メーカー「タグ・ホイヤー」がJリーグの若手選手を応援する新プロジェクト「TAG Heuer YOUNG GUNS AWARD(タグ・ホイヤー ヤングガン アワード)」を立ち上げた。満23歳以下の選手から優秀な11人を選抜して表彰する。6月27日に都内で開かれたキックオフイベントには、ゲストとして香川真司、中山雅史、中澤佑二の3選手が出席し、次世代の日本サッカー界を担う若手選手にエールを送った。

 イベントでは、タグ・ホイヤーのブランドアンバサダーを務める香川選手が「革新はいつだって若い世代からうまれる」とキックオフ宣言。香川選手は、自身が19歳で日本代表に選出されたことにふれて、「賞は若い世代のモチベーションになる。受賞した選手に、これからの日本サッカーを背負っていってほしい」と期待を込めた。

 賞の選考は、8月から11月にかけて、まず有識者や文化人、芸能人、ミュージシャンら「アワードサポーター」と呼ばれる各界のサッカーファンたちによって30人の候補者が決まる。その後、一般のファンを交えた投票で受賞者11人が決まり、12月に表彰が行われる。

 香川選手と同じく日本代表の中心選手として活躍し、いまもベテランとして所属チームを引っ張っる中澤選手は、若い世代に海外志向が強いことを懸念し、「Jリーグで結果を残してから海外移籍を悩むくらいであってもいいのでは。そのためには、Jリーグのレベルを上げていかないといけない」と話した。中山選手は「日常会話の中で地元チームの話題があふれるくらいになってはじめて、サッカーが文化になったのだと思える」と話し、さらなるJリーグの盛り上がりに期待していた。

(文・写真 佐藤正人)

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!

Columns