私の一枚

ピーター・フランクルさん、日本の「釣り道」に魅せられて

  • 2017年7月31日

御宿で4.6キロの真鯛を釣り上げたピーター・フランクルさん。3週続けて釣りに行き、最後の週で釣ったという

  • 数学者で大道芸人のピーター・フランクルさん

  • 近著「子どもの学力を伸ばす『黄金の習慣』今すぐできる家庭学習のヒント」

[PR]

 今年の6月に千葉の御宿で釣った真鯛(マダイ)です。4.6キロあり、人生で2番目に大きな真鯛を釣り上げられて、とても幸せでした。前日から御宿に入り、朝5時半に出航する乗合船に乗船。真鯛はとても繊細な魚で、細くて長い仕掛けが必要です。この時も約12メートルの長さの仕掛けを下ろして待っていると、何かがかかった。その「ひき」や「重さ」の感覚から何の魚がかかったのか一生懸命考え、釣り上げるまでがとても楽しい作業です。「真鯛だ」と確信したのは、3回強くひいて、おとなしくなり、またしばらくして同様にひくという習性を見せた時。重さ加減からも、これは大きいと慎重に対応した末、船長もびっくりするほどの大物が釣れたのです。

 僕が釣りを始めたのは約10年前。年を重ねても上達できる趣味を持ちたいと思ったのがきっかけです。テニスやマラソンは若さが有利ですが、釣りは経験値でどんどん上達していきますからね。乗合船では70歳を超えた方たちが僕よりもずっと上手に釣っています。僕は負けず嫌いなのですが、特に昔の自分に負けたくないという気持ちが強いんです。

 おもしろいのは、日本では釣りさえも「道」とする文化があること。「釣り道」では、狙った魚のみを釣り上げる仕掛けを用意して臨みます。道具から何からとても細かくて、他のどの国よりもすごくマニアック(笑)。狙った魚以外の魚が釣れると、たとえ高級魚でもその魚のことを「外道」というのも、おもしろい。

 いろんな友人が増えたのも釣りのおかげです。それまでは、学者として大学で出会う限られた環境の友人が多かったのですが、釣りのおかげで様々な職業、年齢、環境の方と共通の話題ができ、交友関係が広がりました。日ごろは数学の課題を一人で考える時間が多いので、野外でみんなで過ごす時間ができることはバランス的にもいいのです。

 また釣りは日本の四季を実感させてくれます。5月から6月は真鯛、7月から8月にかけてはシイラ、冬はヒラメなど、季節によって釣れる魚が違うんです。以前の僕なら「夏はただ暑いだけ」と思っていたのですが、今は「鰹(カツオ)が釣れる頃だな」など、釣りを通じて四季を楽しめるようになりました。

 僕は講演などで「人生を楽しむには、結果だけでなく、その過程ごと楽しむべき」と推奨していますが、釣りはまさにそう。計画を立て、釣具店で道具を物色したり、仕掛けを準備したり。船の上では、友人が釣れても喜び、一緒に行く食事をはじめ、いつまでも釣りの話題で盛り上がるなど楽しめる要素が満載です。先日、生まれ故郷のハンガリーで初めて釣りをしました。その時一緒に釣りをした釣り連盟の副会長さんは、よく大統領を船に乗せて釣りをしているそうです。大統領や釣りに関していろいろと教えてくれて、「やはり釣りは面白い」と。これからもずっと続けていきたいですね。

    ◇

ピーター・フランクル 数学者・大道芸人。1953年ハンガリー生まれ。71年国際数学オリンピック金メダル獲得。オトボス大学数学科入学。77年数学博士号取得。78年ハンガリーサーカス学校で舞台芸人の国家資格を取得。79年フランスに亡命。87年フランス国籍取得。88年より日本在住。98年ハンガリー学士院のメンバーに選ばれる。現在、算数オリンピック専務理事。12カ国語を話せる才能を生かし、世界100カ国以上を訪れている。

◆ピーター・フランクルさんの最新刊「子どもの学力を伸ばす『黄金の習慣』 今すぐできる家庭学習のヒント」が発売中。12カ国語を自在に操る著名な数学者であるピーターさんが、わかりやすく書いた家庭学習方法。経済格差や教育格差に負けず、子どもたちの頭と心に「財産」を持たせるには? 自信を持てるようになるには? 学力の基礎となる日本語や算数、英語の効果的な学び方についてなど著者自身の経験に基づいた、子どもが主体的に楽しく学習するヒントが満載! 1400円+税

「日本の親はもう少し子育ての時間を楽しむべきだと思い、この本を書きました。海外の友人たちを見ていると、仕事から帰ると子供に自分で勉強を教える人が多いのですが、日本ではいい塾や学校に早く入れて親は子供の教育を手放してしまう。すごくもったいないと思います。僕自身は父からチェスを教わり、それをやりながら戦略や物の考え方を学びました。両親は医師だったので、彼らの会話を通して体や命の大切さなども学び、有意義な時間でしたね。ぜひこの本を参考に子どもと一緒の時間を増やしてください」

(聞き手:田中亜紀子)

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!