オトコの別腹

「いい女」くらい好き 三遊亭小遊三さんのあんこ愛

  • 「みどりや」の笹子餅
  • 2017年8月2日

「みどりや」の笹子餅

  • 三遊亭小遊三さん

[PR]

 「あんこ」とかけて「いい女」ととく。その心は「すぐ手を出す」。そのくらい、あんこは好きですね。

 僕が小学生の頃は戦後10年前後。あんこは正月くらいしか食べられなかったから、ごちそうだし、憧れの食べ物だったの。暮れにね、家で正月用のあんこを作ってたんだけど、台所でゆであがった小豆を狙ってて。それをおわんに1杯もらって、砂糖を入れてかき回して食べたな。おいしかったね。

 笹子餅を初めて食べたのは中学生のときだったかな。所属していた卓球部の試合で年に2、3回、中央線に乗って甲府に行くことがあってね。甲府へ行く途中の笹子駅ホームで売っていたんですよ。行きはこれから試合だから食べられないんだけど、帰りに買って卓球部の仲間で食べるっていうのが至福の時で。つぶあんが入った草餅なんだけど、周りに白い粉がついてて、食べると学生服が真っ白になるの。一人2個くらいずつ食べたかな。その日に餅をついて作っているから、すぐ硬くなっちゃうんだよね。素朴だけど上品な甘さで、いまだに好きですよ。

    ◇

さんゆうてい・こゆうざ 落語家。9月6日 水曜 午後6時半、東京都千代田区の国立演芸場で「小遊三の会」を開催。演目は「寝床」「金明竹」。

◆「みどりや」 山梨県大月市笹子町黒野田1332(電話0554-25-2121、FAX25-2166)。5個入り430円、10個入り860円。午前7時~午後6時(売り切れ次第閉店)。電話やファクスでも注文可。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!