山の日に東京タワーと都庁で「きのこの山の日」イベントを開催

  • 2017年8月10日
  • 「ヤッホー!」と叫ぶ篠原信一さん、きのこチルドレン、そして小池百合子都知事

  • 小池都知事がビデオでメッセージを寄せた

  • 「きのこの山のぼり」を体験した篠原さん

  • 3人で力を合わせて「きのこの山びこ」体験に挑戦

  • 多くのきのこの山をもらって大喜びの3人

 8月11日は「山の日」だが、昨年に明治が制定した「きのこの山の日」でもある。今年の8月11日には「きのこの山の日」制定1周年を記念し、東京タワーと東京都庁でイベント「明治×東京都 きのこの山の日&東京の山の日」が開催される。今年の4月に「自然公園事業に関する協定」を結んだ東京都と明治によるコラボレーション企画だ。

 それに先駆け、10日に東京タワー正面玄関前でプレスイベントが開かれた。会場には、柔道家でタレントの篠原信一さんが、きのこヘアーと山登りファッションで登場。さらに小池百合子都知事がビデオメッセージで「東京都には標高2017メートルの雲取山をはじめ素敵な山があります。そのことを皆さんに伝えたくて、明治さんとタッグを組んで山の日を盛り上げることにしました。都会の真ん中で様々な山体験をして、東京の山々を身近に感じていただきたい」と寄せた。

 その後、東京タワーを山に見立てて山頂(大展望台)まで階段で登る「きのこの山のぼり」に篠原さんが挑んだ映像を公開。さすがの篠原さんも途中でつらそうな表情を見せたものの、登った高さに応じてきのこの山をもらいながら、山頂まで登り切ると「景色が最高」とご満悦だった。

 その後は、東京の真ん中で思い切り叫んでもらおうとの趣旨で企画された「きのこの山びこ」体験にも挑戦。スクリーンに向かって「ヤッホー!」と叫ぶと、その声の大きさに応じた数のきのこの山がプレゼントされるというもの。「声の大きさには自信がある」という篠原さんは「521きのこ」という数字を出し、きのこの山15箱を獲得。さらに助っ人として登場した、きのこチルドレンとともに再度「ヤッホー!」と叫ぶと「971きのこ」もの記録を打ち出した。

 11日には、一般の人たちを対象にした「きのこの山びこ」体験が、東京タワー正面玄関前スペースで開催される。運が良ければ、限定「きのこの山の日2017年版パッケージカバー」や、きのこの山の日を記念して8月に発売された「現れるのか?! 大粒幸せきのこの山」がもらえるという。また「きのこの山のぼり」に参加した人には、登った高さに応じて「きのこの雲取山」「きのこの高尾山」などの限定パッケージカバーが付いたきのこの山がプレゼントされる。

 さらに東京都庁下の都民広場では、お菓子のパッケージを利用した工作体験、ハコスコを利用したVR体験、ミニ山びこ体験などを実施。都庁南展望室では、東京都の自然公園や施設を紹介し、都民ホールでは映画『森聞き』の無料上映や海洋環境専門家・木村尚さんのトークショーも開かれる。(文&写真 関川隆)

■きのこの山びこ
日時:8月11日 10時~19時
開催場所:東京タワー正面玄関前スペース

■きのこの山のぼり
日時:8月11日 10時~15時30分(15時最終受付 ※定員になり次第締め切り)
開催場所:東京タワー外階段

■東京都庁での「山」体験イベント
日時:8月11日 10時~17時(南展望室は9時30分~17時30分)
開催場所:東京都庁下都民広場、南展望室、都民ホール

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!