暮らしや社会を豊かにするグッドデザイン ますます身近に[PR]

  • 2017年10月27日
  •  

  • GOOD DESIGN Marunouchi

 家電や車、住宅など、私たちの生活のあらゆる場所で目にする赤いGマーク。その意味を知らない人は、ほとんどいないのではないでしょうか。「よいデザイン」をあらわすこのGマーク(グッドデザイン)は、今から60年前の1957年に始まりました。通商産業省(現経済産業省)によって創設され、現在は日本デザイン振興会が主催しています。受賞数は60年間で約45000件。その対象は実に広く、有形無形を問わず、プロダクトや建築はもとより、地域づくりなどのコミュニケーション、ビジネスモデルや研究開発など、様々な分野から応募があります。今年度は85年以降で最多となる4495件の応募があり、1403件が受賞しました。

 では、「よいデザイン」とは一体どんなものでしょう? 日本デザイン振興会によると「企業や個人が商品やサービス、プロジェクトを生み出す時、その目的達成のための計画そのものが実はデザイン」だといいます。例えば、70年代に登場し、一世を風靡した携帯型カセットプレーヤー。誕生の背景には「歩きながら音楽を聞きたい」という目的がありました。その目的を実現するために生み出された形、技術や機能こそが「よいデザイン」を作っていったのです。

 このように、デザインは常に「人間」が中心にあり、社会を発展させ、私たちの暮らしを豊かにする力を持っています。グッドデザイン賞は、デザインの優劣を競うコンペティションではなく、そのデザインが「暮らしや、社会を豊かにしうるのか」という視点、つまりデザインの効果・効用という視点から選ばれています。 

 そんな暮らしや社会を豊かにしてくれるグッドデザインに触れられる場所があります。2015年、東京・丸の内にグッドデザイン賞の情報発信拠点「GOOD DESIGN Marunouchi」がオープンしました。施設内の椅子や照明、ディスプレイ、ウォーターサーバーなどは過去の受賞デザインが使われ、各国の優れたデザインを集めた企画展示や、デザイナーを招いたトークイベント、ワークショップを行っています。他にも、YouTubeの公式チャンネルではデザイナーによるプレゼンなどを配信しています。この機会に訪れ、「よいデザイン」について少し考えてみませんか?

■GOOD DESIGN Marunouchi
東京都千代田区丸の内3−4−1 新国際ビル1F
TEL 03-6273-4414 開場時間11:00-20:00
http://www.g-mark.org/gdm

■YouTubeグッドデザイン賞公式チャンネル
https://www.youtube.com/user/jidpo

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!