密買東京~遭遇する楽しみ

薄い、曲がる。あるはずのないモルタル「FLOORWALL」

  • 2017年11月2日

一見、何げない光景ですが、モルタルの板がわずか数ミリの薄さに成形され、しかも曲がっている。それは衝撃的でした

 初めて出会った時の興奮と驚きは、今も脳裏に焼き付いています。

 本来そんなものが存在するはずはなく……。でも目の前にそれはある。これはいったい何なのだろう?

 ちょっと大げさかもしれません。なぜならそれは、見た目にはただの薄いモルタルの板だったから。

モルタルという素材の飾らない表情と、静かな美しさを楽しめる。円形と四角形のタイプがあります

 目の前にあったのは、厚さ数ミリのモルタルの板。

 しかし驚くべきはその大きさで、幅が数十センチほどもあるモルタルの板が、そんな薄さでその場にあること自体が、目を疑う光景だったのです。

 材料としてのモルタルについていうならば、それは強いものですが、もろい性質もあわせ持っています。

 工場の床などにも使われるモルタル。ある程度の厚さがあって、下地が堅固な状態であれば、重量物を置くなど、押し潰そうとする力に対しては、かなりの耐力を持ちます。

 しかし逆に、細い棒のようなものを、モルタルで作ることを想像すれば分かるように、曲げる力や、引っ張る力に対してはとても弱い素材でもあるのです。

 つまりこんな薄い板状にモルタルを成形することなど、不可能なはず。仮にできたとしても、持ち運んだり、移動しようとしたりすれば、それはすぐに割れてしまうのです。

ラグのようにインテリアにもできますが、テーブルウェアとして使っても、味わいがあってすてきです

 割れない秘密。それはモルタルの中に練り込まれた、特殊な繊維にあります。

 そのままではボロボロと崩れてしまうモルタルを、この繊維がつなぎ合わせ、割れを防いでいるのです。

 いや正確にいえば、割れはあります。むしろ板全体に、細かいヒビ割れを入れる加工が、あらかじめ施されているのです。

 だからこの「FLOORWALL」には、最初から表面にヒビがあります。さらにいえば使用に伴う経年変化により、ヒビは増えていくことになります。

 そのヒビも含めた表情が、まさにこのモルタルという素材の持つ美しさの一つです。

 ただしヒビが入っても、それによってモルタルが破片となって欠落するようなことにはなりません。そうならないよう、つなぎ留める役割を果たしているのが、全体に練り込まれた繊維なのです。

あらかじめヒビを入れる加工が施されています

 そして驚くことに、「FLOORWALL」は下の写真のように、ある程度の角度までであれば曲げることも可能なのです。

 そのため多少の凹凸がある床や、平らではない床でマットとして使っても、その形状になじむだけの柔軟性があります。

 あえて自分でヒビを増やして、表情を付けることも可能。自然に増えるヒビと合わせて、楽しむことができます。

 そして裏面には透明の合成ゴムをコーティング。設置面を傷めず、滑り止めとしての効果も持ちます。表面にも防塵(ぼうじん)と保護のためにクリアコーティングを施し、抜かりない状態でお届けします

ヒビの入った表情も、引き込まれる美しさがあります

 もはや新素材といっても過言ではないほどの、驚くべき特性を秘めながら、静かで美しい表情をたたえる「FLOORWALL」。

 先日もこのコーナーで紹介しましたが、「密買東京」のサイトではこれまでにも、この「FLOORWALL」の生みの親「PULL + PUSH PRODUCTS.(プルプッシュプロダクツ)」の佐藤延弘さんによる商品を販売しています。

 すでにご覧になって驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。「PE(ペ)」と名付けられた、一連のプロダクト。

 それはこの「FLOORWALL」とはある意味で対極ともいえる、カラフルでケミカルな素材で作られています。しかしながら両者に通底する本質は、全く同じだと思うのです。

 それは新しい素材を作り上げる頭脳と、それをプロダクトへと昇華させる創造性、そして自らの手で製品を作り上げる職人的な技術力。そのどれか一つが欠けても絶対に生まれない商品なのだということです。

コンクリートの床のような表情を楽しめる

 今回は分析と検証を重ね、モルタルという素材の静かな美しさを、日常の空間に持ち込む、この「FLOORWALL」を完成させたのです。

[PR]

(文・千葉敬介 写真提供・PULL + PUSH PRODUCTS.)

税込み1,620円から。「密買東京」は、ここでしか買えないモノ、入手方法が良くわからないモノなどお気に入りのモノを、密(ひそ)かに発見する楽しみを提供するオンラインショップです。「密買東京」の記事はこちら(※ここから先は「密買東京」のサイトです。商品を購入する際は「密買東京」の規約等を確認の上、ご自身の判断でご購入ください)

密買東京

Copyright(c)密買東京 記事・画像の無断転用を禁じます

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!