映画『はじまりの*ボーイミーツガール』試写会に10組20人をご招待

  • 2017年11月6日

映画『はじまりの*ボーイミーツガール』から (c)2016 GAUMONT-AJOZ FILMS-NEXUS FACTORY

  • 映画『はじまりの*ボーイミーツガール』から (c)2016 GAUMONT-AJOZ FILMS-NEXUS FACTORY

  • 映画『はじまりの*ボーイミーツガール』から (c)2016 GAUMONT-AJOZ FILMS-NEXUS FACTORY

  • 12月16日(土)より全国順次公開 (c)2016 GAUMONT-AJOZ FILMS-NEXUS FACTORY

[PR]

 フランスのベストセラー青春小説を映画化した『はじまりの*ボーイミーツガール』(仏,2016年)が12月16日(土)に公開される。チェリストを夢見る少女と落ちこぼれ少年の恋と秘密の作戦を描いた、心ときめく物語。公開に先立ち11月30日(木)、東京・大手町で行われる試写会に10組20人をご招待します。

応募はこちら。締め切りは11月17日(金)正午

 落ちこぼれのヴィクトールは、クラスの優等生マリーに恋する12歳。全く相手にされていなかったはずが、マリーの自宅に招待され急接近。マリーからプロチェリストになる夢を打ち明けられ舞い上がる。しかし、マリーは視力が落ちる病気にかかっており、音楽学校に行くためにそのことをひた隠しにしていたのだった。ヴィクトールは彼女の「目」として利用されていたことに気付くが、マリーの情熱に動かされ、彼女の夢をかなえることを決意する。その日から2人の秘密の作戦が始まった―。

 12歳にして男子を振り回す小悪魔マリーに扮するのは、フランスの若きバイオリニスト、アリックス・ヴァイヨ。意地っ張りだが健気(けなげ)なヴィクトールを演じるのは、「ミモザの島に消えた母」のジャン=スタン・デュ・パック。さらに、ヴィクトールの恋のライバル、ロマンや悪友の双子の兄弟など美少年たちが多数出演し、思春期の入り口に立った少年たちの、ユーモアとエスプリのきいた掛け合いが楽しめる。

 監督は『赤ちゃんに乾杯』などでコメディー俳優として活躍してきたミシェル・ブジュナー。本作品が3作目となる。また、『エル ELLE』のシャルル・ベルリングや『もうひとりの息子』のパスカル・エルベら、フランスを代表する名優たちも顔をそろえる。

【試写会開催概要】
日時:11月30日(木)18時30分開場 / 19時開映 / 20時29分上映終了(上映時間:89分)
会場:よみうり大手町ホール(千代田区大手町1-7-1)※東京メトロ大手町駅C3出口直結
招待人数:10組20人(抽選)
応募はこちら(締め切りは11月17日正午)

監督:ミシェル・ブジュナー
脚本:ミシェル・ブジュナー / アルフレッド・ロット
原作:パスカル・ルテール『LE COEUR EN BRAILLE』
出演:アリックス・ヴァイヨ、ジャン=スタン・デュパック、シャルル・ベルリング、パスカル・エルベ
配給:キノフィルムズ
(c)2016 GAUMONT-AJOZ FILMS-NEXUS FACTORY
12月16日(土)より全国順次公開
ホームページ:http://www.hajimari-bmg.com

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!