フランスの風を走る

SUV再考察とプジョーの現在地[PR]

  • 2017年11月14日

 ライフスタイルカーという言い方があるけれど、真の意味でそう呼べるのはフランスのクルマかもしれない。とくにプジョーがいいかんじだ。1890年からクルマづくりをしている世界最古のメーカーの一つだが、考えかたは最新だ。

 プジョーは「ギャングのクルマ」、という言い方もあった。ジャン・ギャバンやアラン・ドロンらが出演していた“フィルムノワール”(ギャング映画のフランス的呼び方)でギャングが逃走に選ぶのはプジョー。絶対に故障しないからというのが理由だった。

 質実剛健なクルマづくりに、1980年代以降はレースでの活躍が加わり、90年代はとりわけ日本でもプジョー車に乗るひとが増えた。昨今またプジョー車を選ぶといいと思えるモデルが続々登場している。

 生活大国とかバカンス大国とか言われ、クルマを実用上の道具として大切にするフランスではミニバンが早くから人気を集めてきた。でもピープルムーバー(ひとを運ぶ道具)ではつまらない。

 もっとクルマに乗ることを楽しまなくては、と開発されたのが最新のプジョー。2008、3008、5008という4ケタの数字を車名にしたジャンル横断型のSUV(スポーツ多目的車)だ。

SUV 2008

 日本でも2016年秋に導入された新型2008を例にとっても対前年比で約4割の伸びを記録。市場で好評だ。理由はすぐに思いつく。キャラクターがはっきりしているスタイリング。スペースユーティリティの高い室内。

 さらに3つの仕様が用意されている。エンジンは1.2リッター(これが意外なほど小気味よいパワーを発揮してくれる)と共通だが、デザイン上の仕上げなどが変えてあり、それぞれのキャラクターの出し方がじつにうまいのだ。

NEW SUV 3008

 3008になるとさらに仕様が増える。エンジンも1.6リッターガソリン版に加えて、2リッターディーゼルの2本立て。高回転までスムーズに回るガソリンエンジンが好きなひとは運転を楽しめる。

 いっぽう、力がたっぷりあって意外なほど静かなプジョーのディーゼルエンジンは試乗する価値のあるものだ。メーカー公表の燃費はリッターあたり18.7キロ(JC08モード)とかなり良好。エコカー減税の対象車でもある。

NEW SUV 5008

 ミニバンとSUVのいいとこどりをしているのが、最近日本発売開始された5008だ。ホイールベースは2840ミリと大型リムジンなみで、そこに7人用のシートが備わる。といっても全長は4640ミリで、しかも鼻先が短いため取り回しがよいことが謳われる。

 最新のプジョー車には安全装備や運転支援システムも充実。自動ブレーキ機能つきアクティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、広角リアビューカメラ、フルLEDヘッドランプ、アクティブブラインドスポットモニターなどトップレベルの内容だ。

 SUVを名乗るのに前輪駆動仕様しかないの?と思う向きもあるかもしれないけれど、例えば積雪の場所に行くときはスタッドレスタイヤとのセットで対応可能だろう。2008、3008、5008はどれも最低地上高が高めなので、降雪時での使い勝手はかなりよいはずだ。

 ぼくはかつて308SWというステーションワゴンに乗っていたことがある。荷室は広大なうえ、後席の3つのシートは独立して動かすことが可能だったので、スキーなどでたいへん重宝した。加えて、大きなグラスルーフによる明るさと、ふわりとした乗り心地のよさで家族に愛されたクルマだった。

 プジョーにはいいクルマを作りたいという信念があると、ぼくは思っている。404、504、604といった剛性感あふれるボディのセダンを作っていた時代から、ぼくはずっとプジョーのファンだった。家族に愛される。この事実ひとつだけとっても、いまも最高のライフスタイルカーブランドであることが嬉しい。

(文 モーター・ジャーナリスト 小川フミオ)

*******************************

プジョーでは、12月24日までSUV 体感試乗キャンペーンを実施中。
Webでキャンペーンクーポンをお申込みのうえ、期間中ディーラー店頭でクーポンをご提示いただいた方にもれなく「プジョーオリジナル スマホ用ワイドレンズ」、さらにご試乗いただいた方の中から抽選で5名様に「SUVモニター+選べる宿泊セット(1泊2日)」をプレゼント。

▼ 詳細はこちら ▼
DISCOVER! PEUGEOT SUV 体感試乗キャンペーン(http://web.peugeot.co.jp/discover-suv-tdcpn/
 11.6 Mon >> 12.24 Sun

*******************************

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

Pickup!