映画『去年の冬、きみと別れ』試写会に30組60人をご招待

  • 2018年2月9日

映画『去年の冬、きみと別れ』から (c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

  • 【動画】映画『去年の冬、きみと別れ』予告編

  • 映画『去年の冬、きみと別れ』から (c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

  • 映画『去年の冬、きみと別れ』から (c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

  • 映画『去年の冬、きみと別れ』から (c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

  • 3月10日(土)全国ロードショー (c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

[PR]

 芥川賞作家・中村文則原作のサスペンス映画『去年の冬、きみと別れ』が3月10日に公開される。公開に先立ち3月1日(木)、東京都千代田区で行われる試写会に30組60人をご招待します。

応募はこちら 。締め切りは2月19日(月)正午。

【ストーリー】
 最愛の女性との結婚を控えたフリーライター・耶雲恭介(やくもきょうすけ)が取材対象として狙った大物は、一年前の猟奇殺人事件の容疑者で、世界的フォトグラファーの木原坂雄大(きはらざかゆうだい)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険なワナは婚約者の松田百合子(まつだゆりこ)にまで及んでしまう。愛する人をこの手に取り戻すため、木原坂のワナにハマっていく耶雲の運命は――?

 主人公の耶雲恭介役は、EXILE、三代目J Soul Brothersのメンバーであり、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『HiGH&LOW』シリーズなど、俳優としても精力的に活動する岩田剛典。そして耶雲の婚約者である松田百合子役で山本美月、取材相手の木原坂雄大役で斎藤工が共演する。

 監督は『脳男』(13年)や『グラスホッパー』(15年)など、数々のサスペンスやミステリー作品を手掛け、人間の本質に迫る瀧本智行。脚本は『デスノート』前後編(06年)や『BECK』(10年)の大石哲也が担当した。

【試写会開催概要】
日時:3月1日(木)18:30開場 / 19:00開映 / 20:59上映終了(上映時間119分)
会場:一ツ橋ホール(東京都千代田区一ツ橋2-6-2 日本教育会館3F)
招待人数:30組60人(抽選)
応募はこちら締め切りは2月19日(月)正午

原作:中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)
監督:瀧本智行
脚本:大石哲也
音楽:上野耕路
出演:岩田剛典、山本美月、斎藤工、浅見れいな、土村芳、北村一輝
主題歌:m-flo「never」(rhythm zone / LDH MUSIC)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会
ホームページ:http://fuyu-kimi.jp

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!

Columns