オトコの別腹

最初は映画の小物だったけど……いつしかハマった定番のお菓子

  • 「ブルボン」のルマンド
  • 2018年5月16日

「ブルボン」のルマンド

  • 沖田修一さん

[PR]

「滝を見にいく」という映画を撮影したとき、セリフにルマンドを登場させたんです。映画は、7人のおばちゃんが山で迷うっていう話だったので、おばちゃんのリュックに入っていそうなお菓子を想像してみて、浮かんだのがルマンドでした。そこから愛着がわいちゃって。コンビニでも目に入るようになり、台本を書いて疲れたときなんかにルマンドが食べたくなるんです。自宅と駅の間にお菓子屋があるので、ついつい買っちゃいます。

甘いものはよく食べますね。でもそれは好きっていうよりか、糖分を摂取すれば頭が回る、という願掛けのようなところがあって。だからファミレスで台本を書いているときもデザートを頼むし、現場でもポケットなんかに甘い物を忍ばせているんですよ。

来週公開される「モリのいる場所」は、ルマンドの発売年と同じ1974年が舞台なんです。今回の取材、知らずにルマンドを選んでいたので、本当にびっくりしましたよ。作品は当時の服装や流行歌などを調べて、時代設定もこだわったので。すごい偶然です。

    ◇

おきた・しゅういち 映画監督、脚本家。代表作に「南極料理人」「横道世之介」など。最新作「モリのいる場所」が19日(土)から全国公開。

◆1974年発売。全国のスーパーやコンビニなどで販売。参考価格162円(13本入り)。電話ブルボンお客様相談センター(0120・285605)。

この記事を気に入ったら
「いいね!」しよう

今、あなたにオススメ

Pickup!