ファッショニスタの逸品

ふだんあまり聞こえない「音」が気になる 真鍋大度さん

  • 2014年2月21日
真鍋大度さん(撮影 石塚定人)

  • 真鍋大度さん(撮影 石塚定人)

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

  •   

 ちかごろよく耳にする「メディアアート」や「インタラクティブアート」という新語。コンピューターを駆使したプログラミングや新しいメディアテクノロジーが融合して生まれた新たな芸術表現のことで、プロジェクションマッピングやウェアラブルテクノロジー、Google Earth、MicrosoftのXboxやAppleのiPhoneなどもメディアアートから生まれたものと考えてもよいだろう。

 人気ガールズユニット、Perfume(パフューム)がここ数年ライブやミュージックビデオなどで話題となったのも、このメディアアート的な発想から生まれている。今回のゲストは、そのPerfumeをはじめ、国内外の多くの企業とタッグを組み、つねに型破りな発想で我々を驚かせる、真鍋大度さん。

 2006年に、デザイン、アート、建築、工学など異業種クリエイター4人によって立ち上げた会社「ライゾマティクス」の代表を務める。ちなみに現在の社員は30人。仕事の規模も比例して拡大している。

 幼い頃から電子ゲームで遊ぶのが大好きだった真鍋さんは、両親が音楽関係の仕事をしていたことから、つねに「音」が身近な環境で育った。彼のオフィスのデスクの傍らには、70年代のおもちゃが入った箱が積み重なり、お気に入りのレコード数百枚が寄り添う。

 「僕は、クリエイターではないし、アーティストでもないのかもしれない」と語る真鍋さんの口調は、静かで淡々としている。しかし同時に、心の奥に潜む熱い思いを感じさせた。彼が率いるライゾマティクスの動向に、いま世界のクリエイターが注目している。
 彼の感性の一端に触れようと、オフィスにうかがった。


(真鍋大度さん愛用のものは、次のページへ)

  1. 1
  2. 2

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
検索フォーム

おすすめ

日本人向けに香辛料や塩分のバランスを見直し、夏場の弱った胃腸にも負担がかからないよう、適度な辛さに仕上げた本格カレー

綿の5倍もの吸湿性と、吸い取った汗を素早く乾燥させる速乾性、そして通気性にも優れた生地「クールマックス」を使用した涼ワイシャツで夏を乗り切ろう

アジア初の本格的魔法ワールドは、東京ドームのグラウンド3個分。子供から大人まで、魔法魔術学校の生徒になった気分で楽しめる

CDの音質を超えたハイレゾ音源をワイヤレスで再生できる高機能オーディオプレーヤーをご紹介

さらなるパワーアップを遂げたダイソン。15個のサイクロンでハンディータイプとは思えない高い吸引力を実現

懐かしのニキシー管を使った時計や、真空管アンプ、本格スピーカーなどを工作キットで自作しよう。


美人記念日

Shopping