ひとりじゃなかよ 88歳おばあちゃんの自撮り写真集

写真

 「安心してください。実はこれ、自撮り写真です。」
 おばあちゃんがゴミ袋に無理やり詰められた姿やスクーターで転倒している姿など、誰もが一瞬「えっ!!」と、思ってしまうユーモラスなセルフ・ポートレートの写真集が発刊されました。
 この作品を撮ったのは、熊本に住むアマチュアカメラマンの西本喜美子さん。カメラを始めたのはなんと72歳を超えてからといいます。きっかけは、西本さんの息子さんでアートディレクターの西本和民さんの“遊美塾”という写真講座に参加したこと。それ以来、写真にハマッた西本さんは、自宅に撮影スタジオを作り、Macでの写真加工技術も習得。メキメキと才能を開花させました。
 「面白く楽しくなる写真が撮りたい」と語る西本さんは現在88歳。心温まる熊本弁の詩も見逃せません。独特な感性と長い人生経験があったからこそ生まれた、すてきな写真集から一部を紹介します。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    西本喜美子(にしもと・きみこ)

    両親が農業指導のために渡ったブラジルで、7人兄弟の次女として誕生。
    8歳の時に家族で帰国。
    女学校・美容学校を卒業後、自宅の敷地内で美容院を始める。競輪選手となった2人の弟が全国を巡業している姿に憧れたことがきっかけで美容院をたたみ、競輪学校でA級ライセンスを取得し、22歳で女子競輪選手となる。
    数多くのレースを経験したのち、実家を担当していた税務署職員の西本斎と27歳で結婚し引退。3人の子を授かり、子育ての合間にパートタイマーとして家計を助けた。
    夫・斎と2013年に死別してからは、熊本市内の自宅に一人で住んでいる。
    72歳のときにデザイナーの長男・和民が主宰する写真講座「遊美塾」で初めてカメラを触り、73歳で初めてパソコンを習う。足腰が弱いため、室内での撮影が中心。作品は独特の個性を持ち、熊本県内の多くの賞を受賞。熊本県立美術館分館にて個展を開催したことがきっかけで、ネットやテレビ各社に特集されるなど注目されている。

    BOOK

    ひとりじゃなかよ

    ひとりじゃなかよ
    (飛鳥新社)西本喜美子(著)

    テレビやTwitterで騒然! 心温まる熊本弁の詩と幻想的な写真の数々。衝撃的な自撮りで世界中を驚嘆させた88歳おばあちゃん写真家の初写真集!

    [PR]