第91回「ピッティ・イマージネ・ウオモ」会場で見かけたお洒落な紳士たち

写真

 世界屈指のメンズモード見本市「第91回ピッティ・イマージネ・ウオモ」が2017年1月10日から13日までイタリア・フィレンツェで開催され、2017-18年秋冬のトレンドを占った。
 会期中は例年より寒く、日中でも10度を上回ることはなかった。それでも会場中庭には、ブティック・オーナーやサルト、ブロガーなどファッショニスタたちが集い、交流を楽しんでいた。
 昨年までのクラッチバッグに代わって、今回彼らの間で目立ったのは、ずばり「ハンチング」だ。貴族の狩猟用が起源とはいえ、長きにわたって庶民のものだった帽子である。それを伊達アイテムとして採り入れてしまう彼らのセンスには思わず脱帽してしまう。
 <文  大矢アキオ Akio Lorenzo OYA : 写真 大矢アキオ Akio Lorenzo OYA /大矢麻里 Mari OYA>
[記事詳細]

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    大矢アキオ(おおや・あきお) Akio Lorenzo OYA

    コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。東京生まれ、国立音大卒(ヴァイオリン専攻)。二玄社『SUPER CAR GRAPHIC』編集記者を経て独立。30歳でイタリア・シエナに渡る。現在、雑誌、webに連載多数。実際の生活者ならではの視点によるライフスタイル、クルマ、デザインに関する語り口には、根強いファンがいる。テレビ、ラジオでも活躍中。『Hotするイタリア―イタリアでは30万円で別荘が持てるって?』(二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』(光人社)、『イタリア発シアワセの秘密 笑って!愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍iPad/iPhone/iPod touch用『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

    大矢麻里

    大矢麻里(おおや・まり) Mari OYA

    イタリアコラムニスト。東京生まれ。短大卒業後、幼稚園教諭、大手総合商社勤務などを経て、1996 年にイタリア・トスカーナの古都シエナに移り住む。 国立シエナ外国人大学で学び、現地の料理学校で通訳・アシスタントを務めるかたわら執筆活動を開始。NHKラジオテキスト『まいにちイタリア語』をはじめ、イタリア文化や生活関連の連載・執筆多数。 NHK『マイあさラジオ』など、ラジオ番組でもリポーターとして活躍中。著書に『イタリアの小さな工房めぐり』(新潮社)がある。

    [PR]