帝王マイルス・デイヴィスの素顔 写真集「NO PICTURE!」

写真

 ジャズ・シーンや多くのミュージシャンらに多大な影響を与えた帝王マイルス・デイヴィス。マイルス没後25年にあたる2016年暮れにマイルス・デイヴィス写真集「NO PICTURE!」が刊行されました。
 写真を撮ったのは、フォトグラファーの内山繁さん。メディア嫌いで知られるマイルスに“最も近づいた男”として知られています。スイングジャーナルの編集長だった故中山康樹さんとの出会いがきっかけで世界のジャズメンを撮りまくることになった内山さんは、1981年に来日したマイルスに初めてカメラを向けた時、内山さんをにらんでひと言「NO PICTUER!(撮るな!)」とすごまれ、震え上がったそうです。
 以降、内山さんは30回マイルスと接し、カメラがご法度な場所や別荘での撮影が許されるほどの存在となりました。
 「さぁ撮れ!」と、自信に満ちあふれているマイルス、鋭い眼光のマイルス、別荘で笑顔を見せるマイルスなど、10年間にわたりマイルスを追った貴重な写真から一部を紹介します。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    内山繁(うちやま・しげる)

    数多くのレコードジャケット、音楽誌などに作品を提供。ジャズ・フェスや大型コンサートのすべてを記録し、都内ジャズ・クラブの専属フォトグラファーとしてブルース・アレイ・ジャパン、ブルーノート東京、キーストンコーナー東京、スイート・ベイジル139を歴任するなど、ジャズ・シーンの変化を独自の視点と感性で撮らえ続けている。マイルス・デイヴィスを10年間にわたって追った写真集「マイルス・スマイルズ」を出版

    BOOK

    NO PICTURE!

    NO PICTURE!(東京キララ社)内山繁(著,写真)

    「撮るな!」――初めて聞くマイルスの肉声に僕は震えあがった
    “Your Photographer”と名乗れば部屋に通されたカメラマン・内山繁氏がとらえたマイルスの素顔。80年代来日時の貴重な記録写真、未公開アザーテイク、晩年のプライベートショットなど、見る者を魅了してやまない帝王マイルスの一瞬一瞬を収めた写真集。【巻末特別対談】内山繁×小川隆夫映画『MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間』日本公開に合わせ、緊急出版!!

    [PR]