「SL大樹」運転開始 大手私鉄最北の路線、東武鬼怒川線を訪ねる

写真

 日光と並び、東武鉄道沿線の観光地として知られる鬼怒川温泉。同所へのアクセスを担う東武鬼怒川線の下今市―鬼怒川温泉間(12.4キロ)で、8月10日、SL列車「SL『大樹』」が運転を開始した。
 レトロな雰囲気のSL列車のほかに、鬼怒川線には登録有形文化財に指定されるほどの歴史ある施設が点在し、同じ東武鉄道の路線ながらも、都心側にはない風情を醸し出している。
 東武鉄道でのSL運転は、約半世紀ぶり。SLの復活でますます盛り上がる鬼怒川線の車両や沿線を紹介する。

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    [PR]