第92回「ピッティ・ウオモ」で見かけたおしゃれな紳士たち

写真

 「ピッティ・イマージネ・ウオモ」は、イタリア・フィレンツェを舞台に年2回開催される、世界最大規模のメンズモード展示会である。第92回を迎えた今回は、6月13日から16日の日程で、世界各国のレーベルが2018年の春・夏コレクションを発表した。その傍らで中庭にはファッション・ブロガー、バイヤー、仕立屋などがいつものように集っていた。彼らの中には、早くも来季のトレンドを意識したサファリ風ジャケットに袖を通す紳士も。指折りのファッショニスタたちの着こなしテクニックをご覧いただこう。

(文 大矢麻里 Mari OYA/写真 大矢麻里 Mari OYA、大矢アキオ Akio Lorenzo OYA)
ピッティ・イマージネ・ウオモ 2018年春夏コレクションはこちら

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

    PROFILE

    大矢アキオ(おおや・あきお) Akio Lorenzo OYA

    コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。東京生まれ、国立音大卒(ヴァイオリン専攻)。二玄社『SUPER CAR GRAPHIC』編集記者を経て独立。イタリア・シエナに渡る。雑誌、webに連載多数。日本のさまざまなラジオ番組でコメンテーターとしても活躍中。イタリア在住20年ならではの国際的視点によるライフスタイル、クルマ、デザインに関する語り口には、根強いファンがいる。『Hotするイタリア―イタリアでは30万円で別荘が持てるって?』(二玄社)、『イタリア式クルマ生活術』『カンティーナを巡る冒険旅行』(いずれも光人社)、『イタリア発シアワセの秘密 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)など数々の著書・訳書あり

    大矢麻里

    大矢麻里(おおや・まり) Mari OYA

    イタリアコラムニスト。東京生まれ。短大卒業後、幼稚園教諭、大手総合商社勤務などを経て、1996年にイタリア・トスカーナの古都シエナに移り住む。 国立シエナ外国人大学で学び、現地の料理学校で通訳・アシスタントを務めるかたわら執筆活動を開始。NHKラジオテキスト『まいにちイタリア語』をはじめ、イタリア文化や生活関連の連載・執筆多数。 NHK『マイあさラジオ』など、ラジオ番組でもリポーターとして活躍中。著書に『イタリアの小さな工房めぐり』(新潮社)がある。

    [PR]