スーパーフォーミュラ第6戦 関口雄飛が今季2勝目

写真

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第6戦は9月24日、宮城県のスポーツランドSUGOで決勝を行い、2番グリッドからスタートした関口雄飛(インパル/トヨタ)が68周・1時間19分0秒439で優勝した。
 昨年もSUGOを制している関口だが「SUGOは得意ではない」という。スタートでトップに立つと徐々に後続を引き離し42周目に給油のためピットイン。終盤再びトップに浮上すると燃費の問題でピエール・ガスリー(無限/ホンダ)に迫られるも、これを退け今季2勝目。2位は2連勝中だったガスリーが手堅く表彰台に立ち、3位には中嶋一貴(トムス/トヨタ)が入った。
 ドライバーズ選手権では6位に入った石浦宏明(セルモ・インギング/トヨタ)が依然としてポイントリーダーだが、2位に入ったガスリーがわずか0.5ポイント差まで迫ってきた。最終戦は10月22日、三重県の鈴鹿サーキットで開催される。白熱してきたチャンピオン争いから目が離せない。
(文・大西良徳、写真・K.KOBAYASHI、企画・モータースポーツフォーラム)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

フリー走行
エンジョイホンダ
ピットウォーク
公式予選
キッズピットウォーク
フリー走行
エンジョイホンダ
ピットウォーク
スタート進行
決勝レース
表彰式
[PR]